ナビゲーション
前ページ:今や当たり前のネットでのセミナー集客。意外と知られていないその本質とは?(後編)を読む   セミナー集客のページに戻る   次ページ:セミナー集客できるホームページのPASoMANAの法則 (中編)を読む

セミナー集

セミナーを告知しているホームページを見ると、パッと見ただけで「これ、違う」。というものに出くわすことはありませんか?

今の時代、ユーザーはいくつものホームページを見て、比較したうえでセミナーに参加するかどうかを決めています。それなのに、「これ、違う」と思われてしまったら、それだけでセミナー集客には圧倒的に不利です。

実は、集客できるホームページは、書く内容と順番が決まっていて、それを体系的にまとめたものが「PASoMANA(パソマナ)の法則」です。その具体的な方法論を、これから3回にわたってお届けしていきます。

セミナー集客ダイヤモンドモデル

セミナー集客の全体像をまとめたダイヤモンドモデルは、ズバリ、「ホームページ構築」に当たるパートですが、もし他の部分に興味がある方は、セミナー集客の全体像のページをご覧ください。


ホームページにはフォーマットがあった

この節では、ホームページ、あるいは集客に特化したと言う意味合いで「ランディングページ」と呼びますが、その構築方法の解説をします。その際に一番重要なのは「集客できること」です。…と言うと、「何を当たり前のことを言っているんだ…!?」と訝しく思う方もいるかもしれませんが、しばしば誤解があるのが、「キレイなページがいい」というもの。動画や写真をふんだんに使ってイメージをかき立てる…のはそれはそれで重要ですが、集客につながるのはむしろ「書いてある内容」と「書く順番」です。

これをまとめたのがPASoMANAの法則です。もともとは、コンサルタントの神田昌典さんが提唱したPASoNA(パソナ)の法則に想を得たものですが、この順番で内容を記載すると、集客できるランディングページができあがるという便利なものです。以下、一つひとつ解説していきますので、もしサンプルを見たい方は、プレゼンテーション・カレッジのプレゼン入門セミナーや、講師養成入門セミナーのランディングページをご覧ください。

まずは全体像を解説すると、

  • Problem (あなたの抱える問題は○○ですよね)
  • Agitation (それって、マズイですよね)
  • Solution (その問題への解決策はこれです)
  • Mission (なぜ私がこれを薦めたいかというと)
  • After image (あなたにこうなって欲しいから)
  • Narrow down (そして、これは万人向けではなくあなたのためのものです)
  • Action (だから、クリックして申し込んでください)

となります

コミュニケーションの中心は聞き手

まず、PはProblemを指し、その名の通り問題点を指摘するパートです。もちろんここでの「問題」は、ページ閲覧者の抱える問題です。検索をしてこのランディングページにたどり着いたと言うことは、その閲覧者は何か知りたい情報がある、もしくは、何か解決したい問題があると考えて良いでしょう。そうでなければ、わざわざインターネットで検索なんてしませんものね。そこで、ページの一番最初でやることは、「あなたの抱える問題は○○ですよね?」と、相手に共感を示すことです。

ところが、ダメな、つまり集客できないランディングページというのは、いきなり最初に自分のことを語り出してしまうのです。「私はこんな講師です」とか、「カリスマ講師と呼ばれている」なんて端から見るとハズカシイ自称しちゃったり。これではページ閲覧者はどんビキで、「あ、このページ、自分の興味と違うから」と秒速で離脱してしまいます。

実はビジネス全般に言えることですが、コミュニケーション中心はあくまでも聞き手です。話し手が何かを「伝えた」と思ってもそれだけでは十分ではなく、聞き手に「伝わった」状態になってはじめてコミュニケーションは成立します。このために、自分が何を言いたいかよりも、相手の立場に立って聞きたいことを言ってあげるのが上手なコミュニケーターであり、これはランディングページの構築においても同じなのです。

PASoMANAの次のAはAgitationを指し、翻訳するならば「煽る」となります。カタカナ英語の「アジテーション」でもニュアンスは伝わるでしょうか。これは1つ前のProblemとセットで考えてもらうと良くて、要するに「あなたの抱えるその問題ってマズイですよね」と問題意識をかき立てるのです。あまりやりすぎると下品になってしまってかえって申し込み率が悪くなってしまいますのでほどほどにする必要はありますね。

PASoMANAの三番目は、Soで、Solution(ソリューション、解決策)を意味します。ちなみに、Soと最初の二文字をとっているのはあまり深い意味はなくて、「パソマナの法則」と読んだときにゴロよく響くようにするためです。内容としては、前段までの問題意識を踏まえて、「あなたの抱えるその問題を解決するのがこれです」と、自分のサービスを提示することになります。逆に言えば、3番目まできてはじめて話題の中心が聞き手から話し手である自社のサービスに移るわけです。