「大学教授」というと何やらすごい印象を持ちますが、意外なくらい「誰でもなれる」そうです。そのための三つのルートと、それぞれの具体的な取り組み方を解説しているのが、「一生モノの副業 この1冊でわかる大学講師のなり方」です。

以外と広き門、大学講師のなり方

著者の石川、千葉先生いわく、日本は少子化とはいえ大学はまだまだたくさんあるとのこと。下表にあるとおり、その数なんと、4千弱。

分類 校数
大学 779
短大 346
専門学校 2,823
3,948

しかも、早稲田大学のようなマンモス校になると、大学講師の下図は5,406人とのこと。

しかも、今の時代は学生から「実学」が求められて、社会人(ビジネスパーソン)で何らかの分野に専門性を持つ人は人気とのこと。具体的には、

    • 現役の化粧品会社社員による「化粧のちから体験講座」
    • 元ホテルウーマンの「西條のホスピタリティ講座」
    • 元証券マンの「正しい投資講座」

などが実際にあるそうです(62p)。

大学講師になる3つのルート+1

では、そのためのルートというのが、著者によると下記の4つに分類されるそうです。仮に、専門学校は「大学講師じゃないじゃん」と除外しても、大学講師になる三つのルートがあるのです。しかも、タイプA、タイプBには、学歴は求められないとのことで、この面からも大学講師は「意外と広き門」とのこと。

  • 教授や準教授といった専任教授(正規教員)ルート
  • タイプA:大学非常勤講師ルート (大学の非常勤講師になる)
  • タイプB:正規授業外講座担当講師ルート(課外講座や公開講座などの講師になる)
  • タイプC:専門学校講師ルート

では、そのルートごとの攻略法は?というのが下表になります。

タイプ 方法

教授や準教授といった専任教授(正規教員)ルート

  • コネ、口利き、紹介がもっとも確実
  • 大学のホームページや求人情報サイト、あるいはJREC-IN Portalで公募されているので「実務」をキーワードに検索する (ただし、倍率は5-60倍とも)

タイプA:大学非常勤講師ルート (大学の非常勤講師になる)

  • 学会に参加して学術論文を書く
  • 出版などの言論活動で目立つ
  • 大学内のキーパーソンと関係を構築する
  • 社会人大学院に

タイプB:正規授業外講座担当講師ルート(課外講座や公開講座などの講師になる)

  • 大学側が、外注業者に一括して発注して探してもらう (逆に大学講師になる側は、自分で資格学校や教育関連会社の講師募集に応募する)
  • コネ、口利き、紹介がもっとも確実
  • 既に登壇している講師と関係を構築する
  • 大学以外で学生相手の講義実績を積む

タイプC:専門学校講師ルート

  • 講師の採用は公募と紹介が半々くらい
  • 求人情報をこまめにチェックする
  • 実績のある講師派遣会社に登録する
  • 既に登壇している講師と関係を構築する
  • 講師養成のスクールや私塾に参加する※

 

※現在、講師養成のスクールや私塾というのは全国に多数存在します。ちなみに検索サイトで「講師 養成 講座」あるいは「講師 養成 スクール」と入力して検索をかけてみてください。(中略)内容を見ると、セミナー講師や研修講師を目指すものばかりで、大学や専門学校の講師を目指す人のためのスクールや私塾はほとんどありません。

画像はアマゾンさんからお借りしました。