Zoomの連携サービスを紹介します。第17回はSpark(スパーク)です。なお、そもそも「Zoomの連携サービスって何?」という方は、第1回をご覧下さい

熱狂的なファンがいるメールアプリSpark

スマホでメールを使う際、アプリに困ったことはないでしょうか?もともと付属しているアプリは使いにくい、かといってoutlookをわざわざインストールするのも何だし、K-9というメールアプリが便利という噂を聞いて使ってみたものの、なんだか設定が複雑で今イチ…。そんなときの有力な選択肢が、メールアプリSparkです。

そのクオリティは熱狂的なファンがいることからも分かります。iPhoneでは、「神メールアプリ「Spark」を完全レビュー【設定・使い方】」という記事がありますし、Androidでも「Androidに無料メールアプリ「Spark」が配信開始!超おすすめなので是非使ってみて!便利に使える初期設定ポイントも解説!」で熱烈に支持されています。おまけに、Windows版のクライアントが出るというウワサもあり「人気メールアプリ『Spark』にWindows版とブラウザ版がComing Soonだって!」、まさに要注目。ちなみに、Windowsでは、Gmailをブラウザで使っている方も多いと思いますが…、あれ、なんであんなにも使いにくいのでしょう?バックエンドはGmailでいいので、フロントだけ変えてみると生産性の向上につながりそうです。

Sparkを開発したのはウクライナの会社

ちなみに、Sparkを開発したReaddleはウクライナの会社です。この連載の第15回で紹介した語学学校プラットフォームLangLionはポーランドの会社でしたから、ITではグローバルにビジネスが展開されているのが実感できます。会社のミッションを見てみましょう。

Our mission is to make people more productive by enabling technology to millions. We strive to create the best experiences on mobile and desktop for those who want to be more productive.

私たちのミッションは、多くの人にテクノロジーを提供して、生産性を向上してもらうことです。このために、私たちはモバイルやデスクトップのアプリを提供しています。

とのことで、メールクライアントSparkだけでなく、様々な便利ソフトを開発しています。PDF Expert、Scanner Proなど、これも熱狂的なファンに支えられているようです。

ちなみに、ウクライナの会社といっても日本語ページが充実しているので、利用の際にも安心でしょう。

Zoomミーティングへの招待はメールが一番便利

では、Zoomとの連携を見てみましょう。

Spark is a professional email client that helps you stay on top of your inbox. It integrates directly with your calendar to simplify meeting scheduling and creating of Zoom link for conference calls.

Sparkはプロ向けのメールクライアントソフトで、メールInboxの管理を容易にします。Zoomミーティングのリンクを簡単にカレンダーに登録することで、スケジューリングが簡単にできます。

Zoomミーティングへの招待法は、私たちのZoomセミナーの参加者の方からときどき質問をいただくことがあります。それに対する答えは、「リンクをメールで送りのが一番簡単」となります。Zoomの中にも招待機能はありますが、これを使うとかえって煩雑です。招待メールを自動生成してくれますが、何やらよく分からない文章になってしまって、受け取った方も困るでしょう。

Spark自体もメールクライアントとして優秀そうですから、とZoomの連携アプリを導入すれば、招待するプロセスを一気に効率化できるのではないでしょうか。

ScreenClip

前ページ
第16回 Zoomと人事管理プラットフォームRipplingを連携を読む
次ページ
第18回 WooCommerceでZoomセミナーを有料販売を読む
 
  Zoomセミナーのページに戻る