講師になりたい人ならば、誰もが説明上手になりたいでしょう。とはいえ、「知らない人」に物事を説明するのは意外なほど難しいもの。そんなときに手にとってしまうかもしれないのが、鶴野充茂先生監修の書籍「「何が言いたいの?」ともう言わせない! 説明の技術見るだけノート」です。

講師の説明の目的は相手を動かすこと

監修者の鶴野先生といえば、ご著書「あたりまえだけどなかなかできない説明のルール」でご存じの方もいるかもしれません。その鶴野先生が本書で強調するのは、

説明の目的は相手を動かすこと

と言う点です。

これは講師としてはとても重要な考え方で、私たちプレゼンテーション・カレッジでは、「LeADER原則」という言葉で表しています。これは、Let thE Audience Do Expected Reactionの頭文字をとったもので、その名の通りAudience (オーディエンス)、つまり聞き手に期待した行動をとってもらうことが、講師の役割と表すものです。

ところが、このLeADER原則を分かっていない講師というものは世の中に意外なほど多く、「講師とは、人前で話すものである」というスタンスで研修に臨むものですから、なかなか成果が上げられないことになります。

日常のコミュニケーションでも悪い例として、

  • 伝えるだけで自己満足してしまっている
  • 感情論で相手を説得しようとする
  • 相手の感情を気にしすぎて説明があいまい

というものが挙げられています。セリフにすると、

「お分かりいただけましたでしょうか?」

とか

「思い当たる部分がある人も多いのでは」

とか

「こんなことは許されません」

とか

「御社のせいというわけではないのですが…」

とか、全部ダメ。

相手を動かす説明の2パターン

では、どうやったら相手が動いてくれるのかと言うことで、下記の2パターンが提唱されています。

一つ目が、相手にどうして欲しいのかを明確に伝えるというもので、

この販売計画にお目通しください

と「どのようにして欲しいのか」という要望を伝えたうえで、

売上が伸び悩んでいます

という「なぜして欲しいのか」の理由を述べるスタイルです。

もう一つが、さらに相手が「動く理由」を伝えるというもので、

このままでは来年度の人員および予算の削減につながります

と相手が「動くことによるメリット」、「動かないことによるデメリット」を伝えたうえで、

あの案件ですがいまが攻めるチャンスです

と相手の興味やモチベーションを刺激する言葉を付け加えるというものです。

もう一工夫欲しかったイラストによる説明

一方で、書名に入っている「見るだけ」と言う言葉に惹かれた人には、やや期待外れかもしれません。おそらくは「イラストがたくさん入っている」と言う点を強調するためにこの書名になったと思われますが、まぁ、常識で考えても見るだけで説明上手になれるわけはないですね。ちゃんとイラストに添えられている文字を読みましょう。

そして、イラストも、順番に並べられている方が読者には優しいと思いました。本書の紙面の構成だと、イラストがバラバラと並べられているという印象を受けて、どこから読み始めて、どういう順番で読み進めればいいかに迷ってしまったので。

この点に関しては、鶴野先生の次回作に期待したいと思いました。


画像はアマゾンさんからお借りしました