英語プレゼンの体系的な説明

英語の日本語では「プレゼンテーション」の意味が違うってご存じでしょうか?実は英語のPresentationの方がよりインフォーマル(非公式)なニュアンスがあるそうです。ということは、英語では、むしろ常にプレゼンテーション。日常のありとあらゆる場で意識するとよいとのこと。

そんな解説から始まるのが、米山 明日香先生の著書、「[CD付]成功する英語プレゼン」です。ちなみに、Amazonでのコメントの中には「支離滅裂」というのがありましたが、そういう感じではないですね。むしろ、他の本よりも体系だっている印象ですから、人の評価というのは様々です。というか、本書に書かれた「王道的」なアプローチは一読の価値はあります。あえて言えば、対話形式になっているのが若干ポイントをつかみにくいので、それは読者の好みが分かれるところかとは思いますが。

さて、その「体系だって」いる最たるところが、111pに掲載されたプレゼンテーションの構成の全体像を示した図です。

  • イントロダクション (introduction)
    • 挨拶
    • 簡単な自己紹介
    • 謝辞 (フォーマルな場合)
    • 主題
    • メリット
    • 概略
    • 移行 (本題へのtransition)
  • ボディ (body)
    • 主要項目1
    • 主要項目2
    • 主要項目3
  • コンクルージョン (conclusion)
    • 主要項目1のまとめ・強調
    • 主要項目2のまとめ・強調
    • 主要項目3のまとめ・強調
    • 挨拶

まさに英語プレゼンの「鉄板」とでも言うべき構成でしょう。本書は、この構成に沿って、それぞれのパートをどのように構築するかが説明されています。

英語プレゼン特有のヒント

さらに本書の魅力は、上述のような構成だけでなく、プレゼンの全体に目を配っているところ。曰く、英語プレゼンにおいて伝える技術の3要素として、

  • 内容の構成技術
  • 話し方の技術
  • 視覚的伝達技術

をバランスよくとることが提唱されています。

その中でも、著者の米山先生の専門領域である「話し方の技術」には多くのページが割かれていて、英語の発音、文法、言い回しなど、参考になる事例が盛りだくさんです。たとえば、「メッセージを的確に伝える技術」として、

  • 子音連結
  • 機能語と内容語
  • リズム
  • 弱形/強形
  • 速さ
  • 流暢さ
  • 強調
  • 区切り

があげられています。

これはいわば、「メリハリの4原則」にあたるものですが、その中でも英語プレゼン特有のものがあり、たとえば機能語。これは、

  • canやwillなどの助動詞
  • a/anやtheなどの冠詞
  • onやinなどの前置詞

を指し、これらは「弱形」すなわち強勢を置かずに発音すべきだとのこと。ここら辺は実際にCDを聞きながら身につけると、本格的な英語プレゼンに使えそうです。

英語プレゼンに関する小ネタが満載

さらに本書の魅力は、プレゼンに関する「小ネタ」が満載なところ。たとえば、「プレゼンの際に役立つグッズ」では、「ペンと紙」が提唱されていて、これは「なるほど」です。日本語のプレゼンテーションでも、質疑応答で相手の言っていることをメモをとるのは、有効な手法に思えます。あるいは、一口に「アイコンタクト」と言っても、

  • オーバービューアイコンタクト (会場をZ字型に聴衆全体を見渡す)
  • ピンポイント・アイコンタクト (誰か特定の人にピンポイントでアイコンタクトする)

に分かれるとあり、納得感があります。

この内容でCDもついてこの値段(2,200円)は、十分元が取れると思いますので、英語プレゼンに臨む人はぜひチェックしてみてください。

前ページ
川合 ゆみ子 著、技術系英語プレゼンテーション教本 ─スピーチ・スライド・発表スキル─を読む
次ページ
ダニエル ドーラン , 清水 孝 著、68シーンで完全マスター!今すぐ使えるワンランク上の実践ビジネス英語: 営業・交渉・プレゼンから財務・IRまでを読む
 
  コンテンツ中心の英語プレゼンテーションのページに戻る  


画像はアマゾンさんからお借りしました。