共感するプレゼンテーションやセミナーにはストーリーがあるというのは当たり前のこと。
そのストーリーをプレゼンターは、ただスピーチをするのではなく、
役者のように演技をしているようにさえ見えます。

ストーリーとなってプレゼンターから語られたプレゼンは、
聴き手の感情を動かしてどんどん引き込む威力があります。

プレゼンターは役者になりきること

プレゼンターは、役者になったつもりでスピーチをしましょう。
まず、そういう意識を持つことが大事です。

プレゼンターは、プレゼンというストーリーを演じる役者です。
役者の背景には、スライドという背景があります。
背景が移り変わるごとにシーンが変わり、ストーリーはどんどん展開していくのです。

偉大なるプレゼンテーターのプレゼンテーションやセミナーを見ると一目瞭然ですが、魅力的な役者になりきっています。

プレゼン資料ではなく台本という考え方

プレゼンテーションやセミナーの資料は、単なる資料ではなく台本だと考えましょう。
台本には、シーンがあり、流れがちゃんとあるからこそ、ストーリーがあるのですね。

伝えたいことをそのまま伝えるだけではなく、役者がセリフを言うように、表現するつもりで伝えるのです。
ストーリーと役者の表現が魅力的なら、どんどん聴き手は引き込まれていきます。

プレゼンターが大根役者にならないためには…

とはいえ、プレゼンターはプロの役者ではないので大根役者になりがちです。
大根役者となってシラけさせないためのコツは一つ。
本当に思っていることを伝えること。

・プレゼンの内容にどれだけ思い入れを持っているか
・プレゼンの内容をどれだけ本気で伝えたいと考えているか
・プレゼンの内容にどれだけ自信を持っているか

特にこの3点をよく考えてプレゼン前に自分の気持ちを高めておくことです。

プレゼンのストーリーの作り方

とはいっても、肝心なストーリーができていなかったら演じられません。
以前にご紹介したこちらのコラムの
テンプレートを利用して簡単に作ってしまってくださいね。

前ページ
プレゼンテーションウェブ研修第8回 始め良ければ終わり良し!プレゼンの効果的なスタートとは?を読む
次ページ
プレゼンテーションウェブ研修第10回 プレゼンテーションでの立ち姿トレーニングを読む
 
  プレゼンテーション 研修のページに戻る