プレゼンテーション研修

  • HOME »
  • プレゼンテーション研修

プレゼンテーション研修

プレゼンテーション研修講師

こんにちは。プレゼンテーション・カレッジ代表の木田知廣です。

私はマサチューセッツ大学のMBA講座で教鞭をとっていることもあって、欧米人のプレゼンテーションを目にする機会が多いのですが、彼らは本当にプレゼンがうまいといつも感心します。

どうやったらそのようになれるのか、研究と分析を積み重ねた結果、「日本人がプレゼン上手になるための方法論」が分かってきました。

これを体系的にお伝えするのが、私たちのプレゼンテーション研修です。

研修の概要や他社事例なども紹介できますので、まずは下記のフォームからお問い合せ下さい。

プレゼンテーション・カレッジ代表 プレゼンテーション・カレッジ代表木田知廣

お名前 (必須)
会社名 (任意)
メールアドレス (必須)
電話番号 (任意)
お問い合せ内容 (必須) ご質問やご要望などをご記入下さい。
 

「お試し」いただけるプレゼンテーション研修

私たちのプレゼンテーション研修を「お試し」として見ていただく場が、プレゼンテーション入門セミナーです。2時間で、研修の進め方から参加者へのフィードバックなど一通りの内容を体験できますので、導入を検討されている方はご参加下さい。

研修の世界ではともすると、「導入しないと分からない」となりがちですが、事前にチェックいただけるので安心です。もちろん、実際の研修では、御社のニーズと予算に合わせて内容をカスタマイズいたします。

プレゼンテーション研修の講座

ロジカル・プレゼンテーション研修

モノゴトを分かりやすく伝えるための方法論です。

受講対象となるのは、プレゼンの際に話があっちに行ったりこっちに行ったりで、聞き手を迷わせてしまう人。全体としてまとまりを持たせて、「要するにこういうこと」を伝えるテクニックを身につけます。

ストーリー・プレゼンテーション研修

聞き手の気持ちをつかむ話し方の方法論です。

プレゼンテーションの目的は、究極的には聞き手に期待した行動をとってもらうことです。プレゼン初心者は話す内容にばかり注意がいきがちですが、聞き手の頭の中を想像しながら話す訓練を積みます。

プレゼン資料作成研修

プレゼンの際に投影するスライドや配付する資料を作成する方法論です。

たとえどれだけ流ちょうに話そうと、投影しているスライドがグチャグチャでは説得力も台無しです。「四次元スライド」や「放浪スライド」などの悪い例を踏まえて、聞き手を動かすスライドを作成できるようになります。

「ストーリーで語る」プレゼンテーション研修サンプル教材

 

お客様への提案や社内で企画を通す時…プレゼンテーションがあらゆるビジネスパーソンに求められるスキルであるのはご存じの通りですが、 なにをもってその良し悪しが決まるでしょうか?
立て板に水のようによどみなくしゃべる…言いたいことを分かりやすく伝える…もちろんそれは重要ですが、究極の目的はプレゼンによって 「聞き手に何かの行動をとってもらう」ことが大事だと私たちは考えています。

これを実現するために、聞き手の興味を惹きつける方法論を身につけるのが、この研修の目的です。カリキュラムだけみると、「アイコンタクトなんて知ってるよ…」と思いがちですが、その背後にある「聞き手の意識のコントロール」が分かると、これまでとはまったく異なるプレゼンテーションができるようになります。

プレゼンテーション研修の特徴

プレゼンテーション・ダイヤモンドモデル

「プレゼンテーション」と一口に言っても大きくは4つの分野に分かれるというのが私たちのプレゼンテーション研修の特徴です。

実際に人前に立ったときの立ち居振る舞いを指す狭義の「プレゼンテーション」以外にも、投影用スライドやプレゼン資料作りなどの「ドキュメンテーション」、何をどういう順番でいうかを決めるプレゼンの骨組みともいうべき「コンテンツ」、そして聞き手に伝える工夫の「ファシリテーション」。それぞれの分野で必要なスキルが身に付きます。

もちろん、この四つの要素はバラバラに存在するものではありません。ファシリテーションで聞き手の分析ができているからこそ、相手にあわせたコンテンツを設計できる…、コンテンツがしっかり練り込まれているから、何を強調すればよいか分かってメリハリが利いてくる…。このように四つの要素がかみ合ったとき、これまでとは明らかに「レベルが違う」プレゼンテーションができるのです。

と、ここまで聞くと「難しそう…」という感想を持ってしまうかもしれませんが、実際のところは、プレゼンテーションの要素が4つに分かれたことで、むしろ取り組みやすくなるというのが実感です。なぜならば、プレゼンの四つの要素の中から個人個人が得意な分野から始めることができるから。

仮に、人前に出ると緊張してしまって…と言う人ならば、いきなり立ち居振る舞いの話をするよりも、「まずはしっかりコンテンツを練り込みましょう。それさえ決まれば、たとえ立ち居振る舞いは多少たどたどしくても十分『伝わり』ます」とアドバイスします。逆に、立ち居振る舞いがシッカリできている人には、「プレゼンで強調したポイントをさらに上手に伝えるためには、どのような工夫が必要でしょう?」とファシリテーションに誘導します。

このようなアプローチによって、誰でもプレゼン上手になることは、私たちプレゼンテーション・カレッジのこれまでの受講者が立証してくれています。

プレゼンテーション研修の進め方

プレゼンテーションの「理論」を学ぶ

「理論」と聞くと意外かもしれませんが、実はプレゼンテーションには「基本となるやり方」があります。これを無視していくら我流でやったとしても、いつまでたってもプレゼンは上達しません。実際、何度場数を踏んでビデオで撮って見直しても、うまくいかないという体験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

まずは理論、それを実際にできるようになるためのエクササイズというのが私たちのプレゼンテーション研修の進め方です。

少人数のエクササイズ
エクササイズといっても、いきなり大人数の前に出て話すことはお勧めしていません。緊張して頭が真っ白で、理論で学んだことが1つも実践できないのでは、かえって自信をなくしてしまいます。
むしろ、少人数のリラックスできる雰囲気の中で何度も実践し、お互いのフィードバックの中から上達のコツを見つけていくのが上達の近道です。
人前で話して「場数」を踏む
ここまで来たら、ようやく人前で話し始めます。やはり、プレゼンテーションは本番の場では大勢の人前で話すものですから、場数もそれなりに必要です。
この際には、緊張防止の方法論を学んで、少人数でのエクササイズで身についたことを実際にできるようになることを目指します。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP