Zoomの連携サービスを紹介します。第22回はZoomとClick & Pledge (クリック・アンド・プレッジ)との連携です。なお、そもそも「Zoomの連携サービスって何?」という方は、第1回をご覧下さい

日米で違う寄付文化

欧米と日本の文化の違いで大きいものに、「寄付」に対する考え方があります。有名なところで言えば、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏。世界ナンバーワン富豪の同氏は、創業したマイクロソフトでの活動をストップして、いまはビル&メリンダ・ゲイツ財団という慈善団体の活動が中心です。この財団の財政的基盤はビル・ゲイツ氏の寄付によって成り立っています。このように、欧米の成功者にとっては寄付をするのは「当たり前」、いや「義務」ですらあると感じます。

そしてこれは成功者にとどまらず、大学の運営も卒業生からの寄付に大きく依存しています。たとえば、米国のハーバード大学は2016年だけで1,300億円の寄付金を卒業生中心に集めたとか。あまりにも巨額すぎてイメージがわきにくいのですが、たとえば日本で言うと「くら寿司」のチェーン全体の売上高が1,300億円ぐらいです。

もっとも、この寄付文化が常に素晴らしいかというとそうでもなく、たとえば大学への寄付金は、師弟をその大学に入れることにつながり、世の中の格差につながるという指摘もあります。たとえば、トランプ米大統領は母校の米ペンシルバニア大学ウォートン校に150万ドルの寄付をしていると言われています。これが効いたか否かは分かりませんが、子どもの長男トランプ・ジュニア氏と長女イヴァンカ氏も同校を卒業しています。これに対して、「トランプ・ファミリーも“裏口入学” ? 金が物を言うアメリカの教育界」と言う記事では疑問が投げかけられています。

いずれにしても、寄付文化は欧米にしっかりと根付いているのは間違いないでしょう。ここに、寄付金集めプラットフォームClick & Pledgeの存在意義があります。

ワンストップファンドレイジング・プラットフォームClick & Pledge

サイトでの説明を見てみましょう。

Own a comprehensive, world-class suite of online fundraising software. Our all-in-one platform includes all the fundraising tools you need to get up and running from day one.

包括的なワールドクラスの寄付金集め(ファンドレイジング)プラットフォーム。私たちのオールインワン型プラットフォームはファンドレイジングに必要なツールが備わっており、初日から活動できます。

とのこと。具体的には、

  • Cloud Fundraising (クラウド・ファンドレイジング)
  • Social Fundraising (ソーシャル・ファンドレイジング)
  • SMSgiving(SMS寄付)
  • Donor Management(寄付者マネジメント)
  • Event Management(イベントマネジメント)

などの機能が備わっています。

ちなみに、寄付者(ドナー)マネジメントは、「一度寄付してくれた人は、次も寄付してくれる可能性が高い」という考え方に基づいています。すなわち、寄付者のメールドレスなどをしっかりと保存しておいて、定期的に連絡を取ることでつながりを保とうと言うことでしょう。この観点では、第5回 ZoomとPardotを連携してマーケティング・オートメーションで紹介したマーケティング・オートメーションときわめて近い考え方です。事実、このDonor Managementは、Salesforceと連携しています。

寄付した人のみが参加できるZoomセミナーも

では、このClick & PledgeとZoomの連携サービスを見てみましょう。

Click & Pledge and Zoom integration allows you to accept payments & donations from patrons prior to a Zoom event.

Click & Pledgeとズームの統合により、寄付者(パトロン)からZoomイベントに先だって寄付を受け取れる。

とのこと。寄付を募るイベントをZoomで行うとして、それに先だってお金を受け取れることができるのです。つまり、寄付をした人のみが参加可能なZoomセミナーもできるのです。もう少し詳しく見てみましょう。

Upon successful payment through one of the many customizable Click & Pledge forms, patrons will be automatically registered to a Zoom meeting or webinar. Patron’s data will also post to Salesforce(R) in real-time, with Auto-generated receipt and thank you messages.

Click & Pledgeのカスタマイズ可能なフォームから寄付をすると、パトロンはZoomミーティングやZoomウェビナーに登録される。パトロンのデータは、Salesforceにリアルタイムで格納され、お礼の文面と領収証が発行される。

なんだか、ここまで機械的にやられてしまうと、寄付するのをためらってしまいますが…それは日本人的な感覚なのでしょうか。

ScreenClip

前ページ
第21回 SurveyMonkeyでZoomセミナーのアンケートを実施を読む
次ページ
第23回 Global Relay ArchiveでZoomも含めた情報を一元管理を読む
 
  Zoomセミナーのページに戻る