ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • ★★★☆☆

タグ : ★★★☆☆

セミナー講師養成定番本 ダグ・レモフ著、成功する練習の法則―最高の成果を引き出す42のルール

ジョン・ウッデンという名前をご存じでしょうか?アメリカのプロバスケットボールリーグ、NBAでは伝説とも賞される名コーチです。 このウッデン氏のコーチングのの基本となる考え方が「反復練習」だそうです。 すなわち、試合を再現 …

ファシリテーション誌上セミナー第6回 中野 民夫著、ファシリテーション革命

ファシリテーションについて、ちょっと変わった視点から学びたいと思ったら手にとりたいのがこちらの本。 中野 民夫著、ファシリテーション革命 著者は、広告業界に勤務しながら、米国で組織開発・変革も学んだという、ちょっと異色の …

セミナー講師用性必読文献 鈴木 義幸著、コーチングから生まれた熱いビジネスチームを作る4つのタイプ

セミナー講師をやっているとさまざまな受講者の方に出会います。 セミナー中はず~っと怖い顔で聞いていて、(この人は何か不満があるのかなぁ…)なんて思っていると、後から「目からウロコが落ちました」なんてアンケートに書いてあっ …

プレゼン誌上セミナー 第8回 山口 周著、外資系コンサルのスライド作成術 図解表現23のテクニック

スライド作成が上手といえば外資系のコンサルタントが代表例として思い浮かびます。そのわざを知りたいと思ったら手にとりたいのがこちらの本です。 山口 周著、外資系コンサルのスライド作成術 図解表現23のテクニック 類書として …

セミナー講師養成必読文献 小林 敏之著、「あなたの「経験」を「通信講座」にして稼ぐ法」

セミナー講師ならば、自分のコンテンツを通信講座にしたいと一度は思ったことがあるでしょう。 もちろん、対面のセミナー講師もやりがいがあるものですが、一方で規模化するためには通信講座は有力な手段です。 そんな方にオススメの本 …

ファシリテーション誌上セミナー第4回 加留部 貴行他著、教育研修ファシリテーター

堀 公俊、加留部 貴行著、教育研修ファシリテーター 【コンテンツ面でのポイント】 ·接続詞でスライドをつなぐ  「…となります。しかしながら、(スライドを送る)…です。それはなぜかという と(スライドを送る)…です。さら …

ファシリテーション誌上セミナー 第5回 堀 公俊、加藤 彰著、ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法

会議のファシリテーションで大事な板書。 もうちょっとそのテクニックを上げたい、と思ったときに思わず手に取ってしまうかもしれないのがこちら。 堀 公俊、加藤彰著、ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法 …

プレゼン誌上セミナー第9回 富士通エフ・オー・エム株式会社著、よくわかる自信がつくプレゼンテーション―引きつけて離さないテクニック

プレゼンテーションを学ぶための本はいろいろありますが、基本を押さえているという点で絶対的にお勧めしたいお勧めしてもいいかもしれないのがこちら。 富士通エフ・オー・エム株式会社著、よくわかる自信がつくプレゼンテーション―引 …

プレゼン誌上セミナー第5回 菅野 誠二、PowerPointビジネスプレゼン 図を描き・思考を磨き・人を動かすプレゼンテーション

一見分厚くて取っつきにくそうながらも、実は使える情報満載がこちらの本。 菅野 誠二著、PowerPointビジネスプレゼン 図を描き・思考を磨き・人を動かすプレゼンテーション 分厚いのは理由があって、パワーポイントの使い …

プレゼン誌上セミナー第7回 永山 嘉昭、真次 洋一、黒田 聡著、説得できるプレゼン・図解200の鉄則 – 読み手がうなるデジタル文書はこう作る

プレゼンテーションのスライド作りで迷うことってありますよね?「このコンセプトをどう図に落とし込んだらいいものか…」と。 そんな時参考にしたいのがこちらの本。 永山 嘉昭、真次 洋一、黒田 聡著、説得できるプレゼン・図解2 …

セミナー講師養成参考文献 苅谷 剛彦著、教えることの復権

苅谷剛彦先生はご存じでしょうか?本当の意味でのクリティカル・シンキングを題材にした名著「知的複眼思考法」など、教育、もしくは教育学の分野で様々な提言を行っている方です。 苅谷先生、そしてその奥様、さらには奥様の恩師の方と …

プレゼン誌上セミナー第2回 レイノルズ著、プレゼンテーションzen

これ以降はコンテンツ会員、講師会員限定で公開しています。すでにご登録の方はシンメトリー・ジャパンのサイトからログイン下さい。プレゼンテーション・カレッジ、ロジカルシンキング・カレッジなど姉妹サイト横断でコンテンツをご覧い …

« 1 2
PAGETOP