Zoomの連携サービスを紹介します。第55回はWorkizと (ワーキズ)との連携です。なお、そもそも「Zoomの連携サービスって何?」という方は、第1回をご覧下さい

何かと問題もある修理業者

先日ネット上でこんなニュースが話題になりました。

朝倉未来、スタッフがトイレ修理詐欺に? 直接対決動画を公開も「違和感がある」指摘のワケ

話題の主の朝倉未来さんは格闘家にしてYoutuber。そのスタッフの自宅のトイレが詰まってしまったので、修理の業者さんを呼んだそうです。トイレが詰まるとホントにどうしようもないですからね、駆けつけてくれるのはありがたい。ただ、問題なのはその値段。ウン10万円も請求されて、これは詐欺ではないか、ということで問題になったのです(結局は解決したみたいです)。

これに限らず、修理業者さんにまつわるこの手の話はときどき聞きます。ひどいのになると、「消防署の方から来ました」という触れ込みで消火器を販売するなんてのもありましたね。消防署の関係者ではなく、単に消防署のある方角からやってきたことを、「消防署の方から来ました」という言葉で表しているのだとか。

こんな問題を解決してくれるかもしれないサービスが、Workizです。

フィールドサービス運用プラットフォームWorkiz

Workizは、「フィールドサービス運用プラットフォーム」と呼ばれていますが、様々な修理を行うフィールドエンジニアを管理するために生まれたサービスです。どのエンジニアがどの現場に向かっているのか、お客様からの予約はどのくらい入っているのか、などを統合的に管理できます。

しかも、クレジットカードによる決済機能もついているとか。そうすると逆にフィールドエンジニアが勝手な請求とかできないわけで、上述のトイレ修理詐欺みたいなことが起こるのを防いでくれます。

その説明をホームページで見てみましょう。

Schedule jobs, get paid in the field and grow your business with Workiz field service software, trusted by over 43,027 service pros.

修理の依頼をスケジューリングしたり、現場での支払いを可能にします。あなたのビジネスを加速するWorkizフィールドサービスソフトウェアは、43,027人を超えるプロフェッショナルから信頼を得ています。

40,000人を超えるエンジニアの登録があるというのは、かなり大きい規模に見えます。

ちなみに業種はトイレ修理にとどまりません。

  • Locksmith (錠前屋)
  • Carlet Cleaning (カーペット清掃)
  • Junk Removal (不要品廃棄)
  • Garage Door (車庫の整備)
  • Appliance Repair (設備修理)

など、人を現地に派遣してサービスを提供するという業態であれば、あらゆるものに対応しているようです。

Zoomミーティングでフィールドサービスのクオリティを上げる

では、ZoomとWorkizの連携サービスを見てみましょう。

Use Workiz and zoom together communicate with your field service clients.  Communicate with your clients using Workiz and Zoom meetings to create a better service experience.

ZoomとWorkizを連携することで、フィールドサービスの顧客とのコミュニケーションをとることができます。これによって、提供するサービスのクオリティを上げることができます。

たとえばトイレ修理の依頼が来たとしましょう。その時、Zoomミーティングを体あげて、「どんな状況ですか?」というのを事前に確認すれば、より効果的に修理をできるのはいうまでもありません。ましてやZoomはスマホからでも使えるので、本当にフィールドエンジニア向けには便利なものになりそうです。

ScreenClip

前ページ
第54回 ZoomとDrift Video連携でマーケティング用ミニ動画を簡単作成を読む
次ページ
第56回 ZoomとPrezi連携で魅惑のプレゼンテーションを読む
 
  Zoom研修のページに戻る