Zoomの連携サービスを紹介します。第49回はZoomとWorkona (ワーコナ)との連携です。なお、そもそも「Zoomの連携サービスって何?」という方は、第1回をご覧下さい

タブを開きすぎると重くなるブラウザ

今や仕事でインターネットを使うわないことはないと言っていいでしょう。その際にはブラウザを使います。マイクロソフトのエッジやグーグルクロム、あるいはマックユーザーであればサファリなど。

ちょっと便利な使い方としてオススメしたいのが、Alt + Enter機能。通常であれば、ブラウザのアドレスバーにURLを入力してエンターキーを押して、そのページを表示させます。ところが、Altキーを押しながらエンターキーを押すと、新たなタブが立ち上がってそのページを見ることができます。あるいは、右クリック機能。ホームページに埋め込まれたリンクは、通常であれば左クリックでそのリンク先を見ることができます。ところが、右クリックで「新しいタブで開く」をクリックすると、新しいタブが開きます。いずれも元のページが残るので、便利です。

ただ、このような使い方をしていると、ついついタブを開きすぎてしまうのが困ったところ。ひとつのタブを開くたびにパソコン上のメモリを使いますから、あまりにも多くのタブを開くと動作が遅くなったり、ひどい場合はブラウザが強制終了されてしまいます。こんな悩みを解消してくれるのがWorkonaです。

タブをまとめて管理できるWorkona

Workonaは、ブラウザに拡張機能として組み込めるソフトです。その役割は、タブのグループ化。たとえば、gmail、ツイッター、facebookなどのタブを開いていたとしましょう。これらをまとめて「ワークスペース」というグループにすることができます。つまりは、このワークスペースを開けば一気に先ほどのgmail、ツイッター、facebookなどのタブを開くことができます。これは、逆もしかり。「ワークスペース」を閉じると、先ほど開いていたタブを一気に閉じることができてメモリの節約をすることができるのです。

では、ホームページで見てみましょう。

Put your tabs & docs into workspaces so you can finally feel organized.

あなたのタブとドキュメントをワークスペースに格納します。これで、整理整頓を実感できます

しかも、このワークスペースは他の人とも共有できるそう。

Shared workspaces give everyone a place to collaborate and drive work forward.

共有ワークスペースはによって、コラボレーションのためのスペースができます。これによって仕事を推し進めることができます

ブラウザから簡単にZoomミーティングを立ち上げる

では、今度はZoomとWorkonaの連携を見てみましょう。

The Zoom Workona app allows you to create and join your Zoom Meetings right from Workona.

ZoomとWorkonaの連携で、WorokonaからすぐにZoomミーティングを設定できます

Zoomミーティングをブラウザ上から簡単に立ち上げるのができれば、さらなる業務の効率化ができそうです。

ところが、ついついタブを開きすぎてしまうと、ブラウザの動作が遅くなってしまいます。

ScreenClip

前ページ
第48回 ZoomとNutrium連携で食生活に変革をを読む
次ページ
第50回 ZoomとTraxart連携でウェビナー後のマーケティングを効率的にを読む
 
  Zoom研修のページに戻る