Zoomの連携サービスを紹介します。第191回はZoomとSaba Cloudと (サバ・クラウド)との連携です。なお、そもそも「Zoomの連携サービスって何?」という方は、第1回をご覧下さい

いま必要になるタレントマネジメント

「タレントマネジメント」という言葉をご存じでしょうか?テレビに出ているタレントを管理している芸能プロダクションではありません。人事の用語で、社内の優秀な人材=タレントを、発掘・育成・登用していく活動を指します。

経営の三大資源としてヒト・モノ・カネというのが言われますが、その中のどこに重点を置くかは時代とともに変わってきました。第二次大戦後の復興期であれば、重要だったのは「カネ」です。設備投資するにも人を雇うにも先立つものがなければ始まりません。したがって、日本全国から「貯蓄」という形でお金を集積する銀行業が従事されました。その後は「モノ」の時代。工業化に伴って、設備投資と工場建設が進み、その運用の巧拙が企業の業績を左右しました。たとえば、カンバン方式やジャスト・イン・タイムによる合理化でトヨタ自動車が世界的企業に上り詰めたのはご存じのとおり。

その後、ビジネスがサービス化、IT化するにつれ、「ヒト」の重要性が増してきます。すなわち、「人材こそが会社の競争力の源泉である」との考え方が広がってきました。ここに、タレントマネジメントのニーズが出てきたのです。もちろん、日本企業においては昔から人材の育成には力が入っていました。ただ、それはどちらかというと「横並び」。底上げ式に個人の能力を上げ、結果として組織全体が効率化することを狙ったものです。一方で、タレントマネジメントは「選抜」。すなわち、優秀な人材を抜擢して上位の職位につけることによって組織全体のパフォーマンスをあげようという考え方です。このためのプラットフォームが今回紹介するSaba Cloudです。

タレントマネジメントのプラットフォームSaba Cluod

では、ホームページを見てみましょう。日本語のページを見ると、下記の領域でタレントマネジメントに関する機能を提供しているのが分かります。

  • 採用オンボーディング
  • オンデマンドな学び
  • スキルアップ
  • コーチングエンゲージメント
  • 目標設定・キャリア設計
  • 互いの認知・リワード
  • 分析・効果測定

補足すると、一番上の「オンボーディング」は、「採用した人材をできるだけ早く組織になじんでもらい、パフォーマンスをあげやすくする」という考え方です。日本と異なり転職が当たり前のアメリカにおいては、きわめて重要なタレントマネジメント上の考え方です。

これを念頭にアメリカのホームページも見てみましょう。すると、微妙に異なるロゴが目に入って…。実はSaba社は、2020年に同業のコーナーストーン社に買収されたのです。コーナーストーンと言えば、「第122回 ZoomとCornerstone LMS連携で統合的人材マネジメント」で紹介したCornerstoneです。

ただ、提供しているサービスは従来と変わりない、もしくは従来よりも幅が広くなっているのが、下記の記述からも分かります。

  • Connect the best people to your great company (最高の人材を御社に紹介します)
  • Keep your people competitive and compliant (御社の人材の能力アップとコンプライアンスアップ)
  • Build and manage a high-performance organization (好業績な組織の構築)
  • Better manager your people data and processes (人材に関するデータとプロセスのよりよい管理)
  • Coach and continuously develop your people (コーチングと継続的な能力開発)
  • Fast track skill building with personalized learning (パーソナライズされた学習でスキルアップを加速)
  • Level up your workforce with content subscription (コンテンツ・サブスクリプションで人材のレベルアップ)

Zoomでタレントマネジメントできる会社が伸びる

では、ZoomとSaba Cloudの連携を見てみましょう。

Saba Cloud’s integration with Zoom allows seamless creation of sessions, registration of learners and synchronization of attendance, all while using Zoom as the platform for session delivery.

Saba CloudとZoom連携によって、Zoomミーティングの設定、申込受付、出欠管理などをシームレスに実行できます。

ポストコロナの今の時代、人材マネジメントのもZoom上で行うのは当然です。…というか、Zoomを使った人材マネジメントを上手にできる企業こそが、これからの時代、業績を伸ばしていけるでしょう。なぜならば、今の時代、「オンラインで働けるか否か」は、人材獲得上の大きなポイントになっているから。Zoomを使うことで、「あの会社にいくと、オンラインでも自分も成長できる」となれば、人気になるのは間違いないでしょう。

ScreenClip

前ページ
第192回 ZoomとJohn Robert Powers連携でフランチャイズをチェックを読む
次ページ
第194回 ZoomとSmart Voom連携はアラブ圏発LMSを読む
 
  Zoomセミナーのページに戻る