Zoomの連携サービスを紹介します。第191回はZoomとClass Folios (クラスフォリオス)との連携です。なお、そもそも「Zoomの連携サービスって何?」という方は、第1回をご覧下さい

密かに人気の英語のチューター

密かに「チューター」が人気になっているのをご存じでしょうか?英語のTutorは、日本語に翻訳すると「家庭教師」となりますが、ここでいうチューターはいわゆる家庭教師ではありません。むしろ、英語で勉強を教えてくれて、その教え子は海外の大学や国際バカロレア校に進むことを目的としているという状況です。「21世紀型スキル」など、グローバルに活躍するための能力アップが注目を集めることとも軌を一にしているのでしょう。

この状況、実は英語ネイティブにとっては大きなビジネスチャンスであると考えます。従来は、家庭教師にしてもチューターにしても、「そのお宅に伺うというのが基本でした。ところが、いまや時代はZoom。コロナ禍の中では、むしろ「来てくれるな」。Zoomによる授業法が当たり前の時代です。であれば、家庭教師の人材を何も国内に限る必要はないでしょう。むしろ、現地のネイティブにZoom経由で教えてもらった方が、現地の状況も教えてもらえてメリットがあります。

このような背景の元、今回紹介するZoom連携サービスClass Foliosは今後成長の可能性を感じます。

チュータービジネスのプラットフォームClass Folios

では、ホームページを見てみましょう。”Super Charge your Tutoring with Class Folios.” Class Foliosであなたのチュータービジネスを加速させましょう。”というキャッチフレーズの元、下記の説明がされています。

Our platform makes it easy to run your tutoring business. Focus on the tutoring and we’ll take care of the rest of the tutoring workflow

私たちのプラットフォームで、あなたのチュータービジネスの運営が楽になります。あなたは本業のチューター業務に集中してください。その他のワークフローは、私たちが代行します。

たしかに、チューター業も本業のビジネスとしてやるとなると、様々な運営が必要になってくるでしょう。予約の受付、その受付時間でのZoomミーティングの作成、URLの発送、リマインダーの発送などなど。しかも、ビジネスという側面では、課金システムも欠かせません。これら一切合切を簡単にしてくれるのがClass Foliosなのです。

Class Foliosのもう一つの側面が、チューターのマーケットプレースです。上述のとおり、チューターにとってうれしいだけでなく、そこに登録されているチューターを検索して、自分にもっともマッチした人を選ぶという、受講者側のメリットも存在します。逆に言うと、もしClass Foliosがなければ、上述の現地のネイティブのチューターに教えてもらうというのも、「どうやって探せばいいの?」となってしまいます。

Zoomミーティングのミスを防ぐアプローチ

では、ZoomとClass Foliosの連携を見てみましょう。

With Zoom Integration, Tutors have to do one less step to create their online meeting through Zoom. This is for both single class and recurring classes. After integrating Zoom with ClassFolios, tutors can schedule classes with a Zoom link sent automatically to your students.

Zoom連携により、Zoomミーティングの設定に一手間がなくなります。一回だけのクラスでも、連続した授業でも同様です。Zoomと統合した後では、Class Foliosでチューターセッションを作成すると、自動的にZoomのリンクが送信されます。

この「一手間がなくなります」というのは、実は結構重要であると考えます。もちろん、手間という側面もあるのですが、ミスをなくすという観点で。チューターをビジネスとして行う場合、必然的に受講者を多く抱えることになります。そうすると、あっちの生徒はこの時間帯、こっちの生徒はこの時間帯、ときには振替要望が出たり…と対応するうちに、セッションの時間帯を忘れてしまうというのが起こりがち。これ乗り越えるためには、自動でできるところは自動で行うというアプローチはきわめて正しいと思います。

ScreenClip

前ページ
第190回 ZoomとCode Mentor連携でプログラミング力アップを読む
次ページ
第192回 ZoomとJohn Robert Powers連携でフランチャイズをチェックを読む
 
  Zoomビデオのページに戻る