Zoomの連携サービスを紹介します。第160回はZoomとOpen eLMS (オープンエルムス)との連携です。なお、そもそも「Zoomの連携サービスって何?」という方は、第1回をご覧下さい

オーサリングツールを内蔵したLMS、Open eLMS

これまで様々なラーニング・マネジメント・システム(LMS)を紹介してきましたが、それはどちらかというと機能面からの切り口でした。これを、関係者<ステークホルダー>別で見てみようというのが今回の趣旨です。というのも、今回紹介するOpen eLMSは、様々なステークホルダーに使いやすいようにできているから。

たとえば、企業内の研修のためのLMSを考えてみましょう。そこには、

  • Learners (学習者)
  • Managers, Trainers, Coaches, Mentors and Admins (マネージャー、トレーナー、コーチ、メンター、管理者)
  • Content Developers (コンテンツ開発者)

などの様々な人が関わってきて、それぞれにLMSの使い方が異なってきます。

たとえば、コンテンツ開発者を見てみましょう。

The ground breaking elearning authoring system – Open eLMS Creator – is embedded into the LMS.

画期的なeラーニングのオーサリングシステム。Open eLMS Creatorは、LmSに組み込まれています。

と、その優位性が明確に謳われています。

適用分野は様々

そして、様々な関係者別の切り口以外にも、Open eLMSは応用分野による使い分けもできるのが特徴です。上述の企業内研修(Business)以外にも、

  • Schools (学校)
  • Apprenticeship (職業教育)
  • Colleges (単科大学)
  • Universities (総合大学)

でも使えるLMSなのです。

この中から、Apprenticeshipを見てみましょう。たとえば、ウェブデザイナーを育成するような場面です。この際、htmlやcssを学ぶのは当然ですが、それを使ってどのようなサイトをデザインしたかの「見本一覧」が必要になります。これを実現するのが、”ePortfolio”(eポートフォリオ)という機能です。しかも、指導する側は、ポートフォリオに掲載されたウェブデザインの背後にある「必要なスキル」もチェックすることができます。このような機能によって、職人芸的な学びもサポートしているのがOpen eLMSの優位性です。

Zoomでも録画でも使えて便利

では、ZoomとOpen eLMSの連携を見てみましょう。

Whether you are using Zoom to conduct remote learning or simply to record lessons for adding to students’ learning portfolios – Open eLMS delivers. Students no longer need to miss lessons and can learn at their own pace from recorded lessons.

Zoomを使ったリモート学習であれ、単にコンテンツを録画して受講者のeポートフォリオに加えるのであれ、Open eLMSは役立ちます。受講者は、授業を聞き逃すことはありませんし、自身のペースで録画されたコンテンツを見ることができます。

ということで、様々なステークホルダーの力を糾合するのに役立つという位置づけでしょう。

ScreenClip

前ページ
第159回 ZoomとAceUp連携でコーチングを育成に本格利用を読む
次ページ
第161回 ZoomとSchoolTracs連携で生徒の出席管理を読む
 
  Zoomの商談のページに戻る