Zoomの連携サービスを紹介します。第148回はZoomとThe Edge Tutors (ジ・エッジ・チューターズ)との連携です。なお、そもそも「Zoomの連携サービスって何?」という方は、第1回をご覧下さい

高機能家庭教師のマッチングサービス

この連載でもオンライン家庭教師のサービスはいくつか紹介してきました。「第58回 ZoomとTutor Platform連携で家庭教師をZoom化」や「第141回 ZoomとIngenify連携で無料家庭教師探し」などです。そこに新たに加わるのが今回紹介するThe Edge Tutors。類似サービスに比べると、説明が丁寧で高品質に見えるのが差別化のポイントでしょうか。たとえば、”Draw and shape”と言う機能。数学の図形や立体の問題は、やはり図に書いて説明が必要です。そこで、

our platform allows you to draw out your needs. Flowcharts, graphs, tables, etc. are no problem on Edge Tutors.

私たちのプラットフォーム上では、必要な絵を描くことができます。フローチャートやグラフ、表など、Edge Tutors上では問題ありません。

ホームページ上の画像を見ても、「これなら使える」というレベルです。

丁寧な説明が好印象のThe Edge Tutors

上述のとおり、The Edge Tutorsは説明が丁寧です。たとえば、どうやってはじめるのかというのも事細かに書いてあります。

  • LET US KNOW WHAT YOU ARE LOOKING FOR (お探しのものを教えて下さい)
  • MATCH UP WITH ONE OF OUR TOP NOTCH TUTORS (トップ家庭教師の一人とマッチングします)
  • PLAN AND TIME A LESSON WITH YOUR TUTOR (家庭教師とのセッションを予約して下さい)
  • TUTOR SESSIONS THROUGH ONLINE LESSONROOM (オンラインレッスンルームでセッションが行われます)

加えて、お金に関する記述がしっかりしているのも好印象です。たとえば”TUTOR PAYMENT POLICIES” (家庭教師への支払いポリシー)と言うページには、かなり詳しく支払い条件が記載されています。同様に、”STUDENT PAYMENT POLICIES”には生徒の側の支払いも記載されています。しかも、”C. Satisfaction Guarantee”と言うのがあって、もし満足しなければ費用が返ってくるとのことなので、良心的ではないでしょうか。

アジア的な?大学受験だからなじみがある

では、ZoomとThe Edge Tutorsとの連携を見てみましょう。

The Edge Tutors uses Zoom to develop the contact between the tutor and the student

The Edge Tutorsはzoomを使い、家庭教師と生徒のコミュニケーションを改善するようにしています

とのこと。また、Zoomとの連携の説明にはThe Edge Tutorsの背景も書かれていました。

The Edge’s academic team has helped thousands of students in Hong Kong and the Greater China region achieve their goals.

Edgeのアカデミックチームは、香港と中国大陸の何千名もの生徒が目標を達成するのを助けてきました。

The Edge Tutorsで展開される家庭教師のマッチングはなんとなくなじみがあるのは、東アジア的な大学受験競争という背景があるからなのかもしれません。

ScreenClip

前ページ
第147回 ZoomとWeTeachMe連携でオンライン趣味講座を読む
次ページ
第149回 ZoomとGive Pulse連携でボランティア活動の充実を読む
 
  分かりやすいZoomの使い方のページに戻る