コミュニティ意識の変化は企業の価値そのもの

企業や団体内でのオンラインコミュニケーションは必須です。 

オンラインを駆使してコミュニケーションをとりながら通常業務をこなしているのは今や当たり前。

しかしながら、個人間のコミュニケーション、また、小グループでの打ち合わせ等をオンラインでこなすことができても、全体会議などなかなか出来ていない企業が多いのではないでしょうか。

コミュニティ意識の変化がその企業の価値そのものになってきていると言える今、全体社内会議、All Hands、学会、総会、等の大規模イベントもオンライン開催で乗り越える!という選択肢を是非持っておきたいものです。  

それにはZoomウェビナー機能を活用すると、対面と変わらないクオリティで大規模イベントを開催出来る事をご存じでしょうか。

 

Zoomウェビナーとは

Zoomのウェビナー(Webinar)とは、「Web」と「Seminar」を足した造語です。

多くのオンラインプラットフォームに「ミーティング」と「ウェビナー」がありますが、これらの機能を目的別に使い分けることをおすすめしております。

では、ZoomミーティングとZoomウェビナーで一体何が違うの?どんなときに使うといいの?そんな疑問に思う方も少なくないと思います。

では一体なにが違うのか、ご紹介していきます。

 

ZoomミーティングとZoomウェビナーの比較

Zoomミーティングは、参加している誰もがお互いを聞いたり見たりすることができ、コンテンツ共有オーディオおよびビデオ共有にアクセス可能。 会議では、出席者がカメラを使用しているかどうかに関係なく、すべての出席者のリストを表示できます。

Zoomウェビナーは、参加者はマイクとカメラが無効となっている為、必然的に聴くのみ、といった視聴モードになります。 コンテンツを共有することはできません。主に匿名で参加している為、他の参加者のリストは表示されません、 等々、

いろんな点で機能に違いや制限があります。では、ここで「こんなイベントに最適」という点から、違いを表にしてみました。

 

機能 Zoomミーティング Zoomウェビナー
ライセンス

無料の基本ライセンスでも使用可能だが、

3名以上で利用する場合は時間制限あり

有料ライセンス取得後に追加契約することで利用可能

『プロ』ライセンス以上であることが条件

コンテンツ共有 全参加者可能 ホスト・パネリストのみが可能
音声(マイク) 全参加者可能

ホスト・パネリストのみが可能

許可された参加者のみがマイク使用可能

映像(カメラ) 全参加者可能 ホスト・パネリストのみが可能
最適なイベント

・打ち合わせ

・資料共有

・双方向ミーティング 等

 

すべての参加者間での完全な相互作用やコラボレーション

・製品トレーニング

・全体ミーティング

・顧客研修 等

 

参加者が参加する「聞くだけ」モード

ただし、一部のメンバをパネリストにし、QA機能を駆使することによりインタラクティブなセミナーにできる。

 

上記の表をみてお分かりの通り、 Zoomミーティングは同じ部屋で打ち合わせや会合を開き、同じレベルで全員が意見を言っているイメージ。 全員が闊達に意見を言い合える場を、オンラインでも実現できるのはかなり強みです。一方で、人数が多ければ多いほど、上手なファシリテーターがいないと、一部はシラケてしまったり、と、なかなか参加者全員が積極的に参加しづらい場合があります。  

そして、Zoomウェビナーは、壇上と観客席にフロアが分かれており、壇上で司会者が式次第に沿ってイベントが進んでいて、参加者は基本的に視聴しているイメージ。 大規模人数で研修やセミナーを行う等、会自体をスムーズに進行させるには、ある程度の参加者が使用できる機能をコントロールする必要があります。一方で、インタラクティブなイベントにする場合は、「質問」機能でやりとりする事で、双方向性のあるセミナーイベントにも出来る、ということがお分かりになるでしょう。

webinar photo