受講者からの反応が良くて素晴らしいセミナーができているけれど、次のセミナーの集客はいつも通り。つまり、セミナーの成功が次回のセミナー集客の結果につながっていないのであれば、セミナーを振り返る癖をつけるべきです。

なぜなら、セミナー直後はやり終えた達成感と受講者からの反応で気分が舞い上がっており、セミナー中の落度に気づいていない講師が多いのです。

セミナー直後の気分が良い時に講義での様子を振り返って反省するのは気が進まないかもしれませんが、確実に今後のセミナー集客につながっていくので実践するべきです。

ここでは、セミナー集客のために実践したい一人反省会のポイントをご紹介します。

アンケートの結果のみではセミナー集客につなげられない

セミナーの際、受講者にアンケートをお願いしている講師がほとんどだと思います。
今回のセミナーの感想を受講者に書いてもらうことで改善点を見つけたり、逆に良いところを伸ばしていきたいという考えのもとに実施されているアンケートだと思いますが、残念ながら受講者からのアンケートの結果だけでは見えないことが沢山あります。
だとしたら、その結果をもとにセミナー集客につなげようと思ってもうまくいきません。

アンケートの結果も大事ですがアンケートの結果だけを鵜呑みにせず、自分なりの分析も加えると今後のセミナー集客率に反映されてくるのです。

セミナー集客のために動画か音声を残しておく

セミナーの様子を終了後に客観視するためには、セミナーを収録した動画か音声が必要です。
後から冷静に動画や音声で自分のセミナーをチェックしてみると、セミナーの最中には気づかなかった悪い癖や受講者の反応などが見えてきます。
セミナーをしている時には気づかなかった点に気づいて改善していくことが今後のセミナー集客につながります。
セミナー中に感じたイメージで受講者からの反応や自分のスピーチの良し悪しを認識するのではなく、動画か音声として残しておくことで正確に認識するべきです。

気づいていくことで改善ができ、それがセミナー集客につながっていくのです。

セミナー集客のために改善策を書き出しておく

セミナーを記録した動画や音声を確認する中で今後のセミナー集客のために改善する点を見つけていきましょう。
どんな些細なことでもいいのでとにかく書き出していく作業がセミナー集客のための確実な分析につながります。

よくあるのが「えーっと」や「あのー」という冗語の連発で受講者の集中力の妨げになるので改善しなければいけません。
また、スライドを変えるタイミングやスピーチをするときの目線の持っていき方など細かくチェックすると沢山改善点が出てくるはずです。

自分の悪い癖に気づいたらそれをどう改善していくか?その方法を考えて実行するとさらなるセミナー集客が見込めます。

セミナー集客のために良いところも分析しておく

セミナー中の悪い癖を探して改善するだけではなく、良いところを見つけてさらに伸ばしていく改善も必要です。
人間には短所もあれば長所もありますね。

短所は改善して長所はより伸ばしていくことでより一層魅力的な人間になっていけるのです。
セミナー講師も同じく、自分の欠点ばかりに目をやるのではなく自分の長所にも気づいてさらに伸ばしていきましょう。

いかがでしたか?
一つ一つのセミナーを冷静に振り返ることが今後のセミナー集客率を上げるポイントになります。
今までの全てのセミナーを動画などで振り返って成長や変化の様子をキャッチすると、さらに深く改善点に気付けるので受講者を魅了するセミナー講師として成長していけます。

前ページ
セミナー集客率がグンと上がるオススメの会場レイアウトの3つの技を読む
次ページ
知らない人は損している!セミナー集客のための強み分析の3つのポイントを読む
 
  セミナーにお客様をどう集めるかのページに戻る