リモートワークが広がっている今、会議の手段としてZoomを使うことも多いでしょう。その使い方をチェックするため、田原真人先生のご著書「Zoomオンライン革命!」を読みました。

スカイプよりもコラボレーションを意識しているのがZoom

Zoomを体験する前は、「スカイプと何が違うの?」と思っていましたが、それを明確に説明しているのが本書44pの比較表です。とくに重要なパートを抜き出してみました。

  Zoom スカイプ
ホワイトボード 全員で書き込める なし
録画機能 あり なし
ブレークアウトルーム機能 あり なし

このように、オンラインでの会議・会話だけでなく、コラボレーションを可能にする機能を備えているのがスカイプとZoomの最大の違いであると理解しました。

ちなみに、録画機能は実務においては、複数名で行うと確実だそうです。万が一Zoomの録画機能がうまくいかないときのことを考えて、

録画が失敗したときの予備としてSさんにも録画をお願いします。

というセリフが本書では紹介されています(80p)

遅延がないのがZoomの良さ

スカイプと似たような位置づけとして、Ustreamとの比較もされています。Ustreamは、2010年代前半に盛り上がった動画配信サービスです(現在は終了)。これも、重要なパートを抜き出して比較してみました。

  Zoomウェビナー Ustream
インタラクティブ性 チャット、Q&A、手を挙げる ソーシャルストリーム
アンケート機能 あり なし
遅延 なし 数秒~数十秒

とくに、「遅延」に関しては、コミュニケーションを取るためには致命的であって、Zoomに軍配が上がると感じました。

様々なサービスと連携できるZoom

Zoom外の様々なサービスとも連携できるのもメリットと感じました。たとえば、

パソコンとiPadをケーブルで繋ぎ、Zoomの画面共有から、私のiPadの画面をミラーリングしZoom画面に投影し、iPadの操作手順やKeynoteのスライドを参加者に見せてセミナーを実施しています

とか、

画面共有機能を使って、iPadとApple Pencilを使ってOne Noteに書き込みしながら話を聞いて

とかのZoom会議実践者のコメントは参考になります。また、これは厳密にはZoomとの連携ではありませんが、

プロジェクターを使わなくてもzoomにつながったiPadを、マグネットでホワイトボードに貼ることで、zoomから全体への説明ができます。

と言う実践法も興味深く感じました。

一工夫必要なビジネスでのzoom利用

一方で、ビジネスの会議でzoomをどう使うかは、本書を読んでもあまり得るところはないかもしれません。というのは、本書で扱われている実践例の多くはビジネスではないから。NPOや学習塾など、「同じ目的を持った人が集まって、利害の衝突が起きにくい環境」の事例は、それはそれで美しくはあるのですが、必ずしもビジネスでの参考にはならないでしょう。

同様に、本書で紹介されている意見交換の手法、OST(Open Space Technology)やワールドカフェも、ビジネスの現場で主流をなすに至ってはいないでしょう。

本書からの学びは学びとして活かしつつ、それをビジネスにどう活用するかは、読者にゆだねられているのだと感じました。

[田原真人]のZoomオンライン革命!
画像はアマゾンさんからお借りしました。

次ページ
第2回 一般社団法人おうえんフェス著オンラインイベントの教科書
 
  Zoomの使い方のページに戻る