英語プレゼンテーションの「鬼門」、質疑応答

英語でのプレゼンは大変なものですが、その中でも「鬼門」とでも言うべきタフなパートが質疑応答。

質問した相手の意図をくみ取って的確に返すのは、日本語でも大変なところがありますが、英語ならばなおさら。時にはプレゼンテーションの内容に関係ない質問も出たりして、ハードルは高いものです。

そんなときにお勧めなのが、英語の議論によく使う表現です。著者の崎村耕二先生は、本書の他にも

などの著書がある、この分野の第一人者。問題意識としても、

  1. 海外滞在中や旅行中に、何らかの不都合が起きた場合
  2. 外国企業や実業家との商業的交渉
  3. 英米の大学へ留学する場合
  4. 国際会議に参加する場合
  5. 外国との外交的交渉

など、タフな状況を想定されていますので、質疑応答とはいえ相手に言い返さなければいけない、微妙に自分の判断のイエスノーを保留したい、なんてときに使える表現満載です。

プレゼンで「闘う」英語をものにする

一口にプレゼンテーションと言っても「説得型」の場合、時には聞き手と議論をすることもあります。その際には、相手の誤りを指摘したり、相手を非難したり、時には論破する必要もあります。ただ、日本人は、ここら辺の「闘う」ための英語をあまり知らないんですよね。たとえば、「それは今話していることとは別問題です」というのを英語で言うと、どうなるでしょうか?

That’s another matter

なんてのが思い浮かぶ人もいるかもしれませんが、本書では他にも、

That’s not the question (problem)

That’s not the point

It’s not a question (a matter) of …

… has nothing (littele) to do with …

… is irrelevant to …

That’s a competely different matter (question)

The question is no wheter …

That shouldn’t be a problem

… is not important here.

… is irreevant here.

などが紹介されています(87p)。

プレゼンのあらゆるシチュエーションを網羅

しかも本書の素晴らしいところは、それぞれの表現の「用例」と言っていますが、どのようなシチュエーションで使うかの解説もされているところ。たとえば、上記の2番目、”That’s not the point”を取り上げたのが下記のダイアローグになります。ある会社の人材配置を巡ってのやりとりです。

A: I think he is suitable for the post. (彼はその地位にふさわしいと思います)

B: But he is too young. (しかし彼は若すぎます)

A: That’s not the point. (それは問題になりません)

ここまで具体的に示されると、自分のプレゼンでも使えるのではないでしょうか。そして、このような論点のずれを指摘する以外にも、

相手が誤っている旨を言う

誤っている点を特定する

議論の弱点を言う

脱線・論点回避を指摘する

論拠の不確かさを指摘する

無理な解釈を指摘する

繰り返しを指摘する

発言内容の不合理性を指摘する

誇張を指摘する

相手の言動の矛盾を指摘する

証拠不十分を指摘する

論理的帰結の間違いを指摘する

説明不十分をつく

過度の一般化を指摘する

提案の無効性を指摘する

不適切・不便さを指摘する

データの間違いを指摘する

資料に疑いを差し挟む

違反を指摘する

などの表現が満載です。なお、上記は第3章「誤りを指摘するための表現」ですが、当然、「酸性を示すための表現」(第1章)、意見を表明するための表現(第6章)、「理解と誤解に関する表現」(第10章)もありますから、ありとあらゆるプレゼンテーションの状況で使えます。

英語でプレゼンを行う方はもちろん、英語でビジネスをするは知っておいて損することは絶対ない、お勧めです。

前ページ
田中 真紀子著、英語のプレゼンテーション 〈スキルアップ術〉を読む
次ページ
講談社インターナショナル (編集)著、英語で話す「日本」Q&A 【増補改訂第3版】(講談社バイリンガル・ブックス)を読む
 
  英語プレゼンのページに戻る  

[崎村耕二]の英語の議論によく使う表現
画像はアマゾンさんからお借りしました。