今日のメールセミナーのテーマは、問いかけ(Q)を上手に使って、聞き手に心の準備をさせてあげましょう、というものです。

「上司に報告するときに一番大事なのは、事実をありのままで伝えたうえで、自分の考えを付け加えることだと思います」

というのをLとしたとき、下記のような問いかけから始めると良いですね。

Q: 上司に報告するときに、気をつけていることってありますか?

や、

Q: 上司に報告するときに、陥りやすいワナってご存じですか?

これによって、「だいたいこういう話が来るんだな」と聞き手も心構えができているので、新規性が高いLでも受け入れやすくなるのです。

このようなQを使いこなせるようになると、「考えるべきところは考えて、考えるべきでないところは考えない」ように聞き手の頭の中をコントロールしてあげることもできます。

ちなみに、このQの使い方のさらに詳しい例はこちら

これができるようになると、単に「話を聞いて面白い講師」だけでなく、「学びをしっかりと届けられる講師」になって、固定ファンだけでなく、より幅広い聞き手を引きつけることができるようになります。

講師養成講座の全体像

ファシリテーション
ファシリテーション入門セミナー

 

プレゼンのスライド作成講座
プレゼンテーション入門セミナー