ナビゲーション
前ページ:セミナー集客に「効く」WordPressの使い方を読む   セミナー集客のページに戻る   次ページ:500万円使って分かった、セミナー集客の「ルール」を読む

セミナー集

セミナー集客のホームページ構築はWordPressを徹底的に活用すべし、というのは別記事「セミナー集客に「効く」WordPressの使い方」で紹介したとおりです。その際に、WordPressの大きなメリットとして、プラグインによって機能をどんどん拡張できるという解説をしました。ただ、WordPressのプラグインというのは膨大な数がありますし、その利用方法もアイデア次第でいろいろあり得ます。なので当記事では、どのプラグインをどう使ってセミナー集客につなげるのか、を解説していきます。

そのために下表では、そのプラグインがセミナー集客のダイヤモンドモデルの四つの要素、

  • アクセスアップ
  • ホームページ構築
  • リピーター化
  • アクセス解析

のどの分野と対応するのかも記載しました。

プラグイン名 目的 対応分野
All in One SEO Pack よりSEOの効果を上げアクセスアップを狙う。BizVektorの開発元さんは「こんなのいらない」といっていますが、少しでも効果があるならば使いたい、と言うことで。 アクセスアップ
Auto Post Thumbnail 「アイキャッチ画像」と言いますが、ブログの記事が一覧表示になったときに先頭に表示される画像を自動で(半自動で)生成してくれるプラグイン。これを利用する以前は文字ばっかりで人気(ひとけ)が感じられなかったのが、なんとなく活気のあるサイトになってコンバージョン率向上には役立ってくれているのではないかと思います。
セミナー集客のアイキャッチ画像
ホームページ構築
ContactForm7 問い合わせフォームを作るため。この手のプラグインはいろいろあり、有料の”Gravity Form”というプラグインも使ったことがあるが、今イチ使いこなせなかった。ContactForm7は人気があるのでネット上に情報が多くて、追加の機能や運用方法の事例が多いので便利。セミナー集客においては、問い合わせページを作成するのに使っている。 ホームページ構築
Contact Form 7 Modules: Hidden Fields ContactFrom7に「隠しフィールド」(ユーザーからは見えないが、管理者には見えるフィールド)を追加するために使っていた。以前はセミナー集客の際に申し込みフォームを作る際に使っていたことがあるが、現状ではセミナー管理システム「セミログ」に機能を移管したため使っていない。 ホームページ構築
Frontend User Admin CMS WPの開発する有料プラグイン。極めて高機能だが、とくに会員制サイトを作る機能は充実している。ちなみに、会員制サイト作成のためには以前はUser Access Managerというプラグインを使っていたが、WordPressの動作が遅くなったため、このプラグインに切り換えた。
会員化で、登録会員、コンテンツ会員、講師会員などのステータスをもうけて、それぞれがアクセスできるコンテンツを指定することができる。一人のお客さまと何度も接点を持ちたいという観点で、リピーター化に役立っている。
セミナー集客の会員制サイト
リピーター化

プラグイン名 目的 対応分野
ImageInject 簡単に画像ファイルを挿入できる。もちろん、アイキャッチ画像にはこだわった方が良いのだが、そうは言っても時間がないときにパッと「ありもの」の画像を挿入したいときもある。そんな時、画像共有サイトフリッカー(Flickr)に登録されている画像の中で、「他のサイトでも使って良い」という許諾をえた画像を挿入してくれる。 ホームページ構築
Google XML Sitemaps googleにサイトマップを送信することで、よりSEO効果を高めることができる。 アクセスアップ
Lightbox Plus Colorbox 画像をポップアップで表示できる。セミナー集客においては、会場の場所を示した地図をポップアップで表示させるために利用。パソコンで見るときには必要ないのだが、スマホで見るときに「それっぽく」見えることによって、コンバージョン率がアップしてそう。 ホームページ構築
mcRSSlist アクセスアップのためのコンテンツ、「長期分散投資ブロガーの殿堂」を作成するために利用。世の中のブロガーさんが配信しているRSSを一同に集約できて便利。ただ、このページ自体は悲劇的な結末を迎えるのですが…。 アクセスアップ
Quick Page/Post Redirect Plugin リダイレクト(転送)のためのプラグイン。セミナー集客用のホームページを試行錯誤しながら作っていると、ページのアドレス(url)を「別のものにしたい」ということがおこります。その際には、このプラグインを使うことで、転送(アドレスwww.aaa.comを自動でwww.bbb.comに遷移させる)が簡単に設定できます。この手のプラグインはいろいろありますが、その中でも一番評価が高そう ホームページ構築
Really Simple CAPTCHA contact form7で生成したフォームなどにキャプチャをつけるためのプラグイン。これによって、フォーム経由のスパムを防ぐことができるのですが、一方で本当に問い合わせをしたい人には返って手間になるため、痛し痒しと言うところも。 ホームページ構築
Sharebar ウェブページをfacebookなどのSNSで「シェア」する機能は一般的だが、たいていページのいちばん上か一番下にあるもの。これを、ページの横に浮かせたようなボックス表示させ、ページがスクロールしても一緒について来るようにしたもの。これによってSNSでのシェアが増え、アクセスアップを狙う。てか、自分で自分の投稿をシェアするときにも普通に便利。
 セミナー集客のためのシェアボタン
アクセスアップ
Simple Tooltips ランディングページで「その場Q&A」を実装するのに利用。FAQのような別ページではなく、その場で疑問に応えているのでコンバージョン率が高くなりそう。従来はWordpress Tooltipを利用していたが、スマホ上では表れたテキストボックスが消えないなど、ビミョーに使い勝手が悪かったので、こちらに変更。 ホームページ構築
Speech bubble ブログの記事でLINE風の会話調を表現するために利用。「問答」のようなイメージが出て、一見取っつきにくい素材も身近に感じられる。
セミナー集客のためのLINE風画面
リピーター化
WP-Ads トップページなどに、セミナーの情報を掲載するために利用(したことがある)。 ホームページ構築
Yet Another Related Posts Plugin (YARPP)

ブログの記事のページ下部に関連記事を表示させるために利用。ユーザーによりよい情報を提供するとともに、ここの記事を関連づけることでSEOの効果を高め、アクセスアップを狙う。 アクセスアップ