ナビゲーション
前ページ:お金をかけずにセミナー集客というオイシイ話 (中編)を読む   セミナー起業のページに戻る   次ページ:セミナー集客に「効く」WordPressの使い方を読む

セミナー集客

セミナー集客においては「お金をかける」のが王道であるというのが私たちの提唱するセミナー集客のダイヤモンドモデルの基本です。

ただ、「そうは言っても無料で集客できたらいいよね」というのは当然あって、そんな夢のようなオイシイ話を実現する方法論を3回にわたって紹介します。具体的には、検索結果で上位表示をねらうことでアクセスアップにつなげるというもの。SEO (Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)とも呼ばれるノウハウですが、悪用すると大炎上なんてこともあるので気をつけて取り組みたいものです。

なお、この記事はセミナー集客のダイヤモンドモデルの中でアクセスアップに関するものです。これとあわせて「ホームページ構築」ができるようになると着実にセミナー集客できるようになりますので、あわせてセミナー集客の全体像も押さえることをお勧めします。

なぜ無料でセミナー集客は「メイン」ではなく「サブ」なのかを解説した前編はこちらから具体的なセミナー集客テクニックを解説した中編はこちらから

セミナー集客をgoogle視点で考えてみる

検索結果の上位表示のためには内部施策と外部施策があることは既に解説しましたが、その中から今度は外部施策に関するノウハウを解説します。この基本は、「誰かからリンクを張ってもらう」ことです。これも、そもそもの「良質な記事とは」の話と関連しますが、内容が良く吟味されていてしかも読みやすい記事であれば、「これは有益だから、誰かに紹介したい」ということでリンクを集めることができるでしょう。したがって、他社のサイトからリンクを張られていることをgoogleでは評価して、検索結果の上位に上げる効果がはたらきます。

もちろん、他人のサイトだから私たちが勝手にリンクを作成することはできませんが、それでも知り合いなどに、「こんな記事を書いたので、もし気に入ってもらえたらリンクを張ってください」とお願いすることは可能でしょう。ただ、このときに注意しなければならないのは、「どんな文字にリンクが張られているか」ということ。ウェブサイトのリンクは普通、文字に加工することで作成されます。ブログなどでは「リンクを作成」のようなボタンがありますし、htmlでいうと、文字を<a>というタグで囲むことにより、リンクが作成されます。

<a href=”http://presen.ofsji.org/kouza-koushi/shukyaku/”>他のサイトへのリンク</a>

という表現が、

他のサイトへのリンク

と見えるようになるのです。

なお、この例では「他のサイトへのリンク」という文字にリンクが張られていますが、この文字のことを「アンカーテキスト」とSEOの世界では呼びます。ただ、実はこのアンカーテキストが重要で、先ほどの例ではSEOの効果は充分ではないといわれています。これもgoogleの視点で考えてみましょう。「他のサイトへのリンク」という言葉は、そのリンク先のサイトに記載されている情報を表してはいないので、googleからは、「リンクが張られているのは分かった。でも、なんでこのリンクが張られているかの意味までは分からない」と判断されてしまうのです。それよりも、文字に意味合いを持たせた方が良くて、たとえば

セミナー集客の全体像

ならば、「なるほど、このリンク先は、セミナー集客に関するものなんだな。しかも、リンクが張られているということは、リンク先に書かれていることは『良質な記事』に違いない」と高評価をうけるのです。

やりすぎると逆効果のアンカーリンクの罠

ただ、このアンカーリンクの設定、じつは「やりすぎ」はダメ。

 

たとえば、自演自作でリンクを張ればいいや、なんて思って、いろんなブログサイトに登録して、毎回毎回セミナー集客の全体像というリンクを作成したとするじゃないですか?そうするとgoogleは、「いろんなページからリンクが張られていることは分かった。でも、毎回毎回同じアンカーテキストが使われているのは、なんだか不自然だ。これってSEO目的の自作自演っぽいので、評価をあげるの早めておこう」と判断するのです。

なので、自作自演はないにしても、誰か親しい人であれば、リンクをお願いする際にアンカーテキストを変えてもらう(アンカーテキストを分散する)ことができると、よりSEOの効果は高まります。

自分で自分のセミナー集客ページにリンクを張るには

ただ、ここまで来ると、「そうは言っても、他の人からリンクをしてもらうって、けっこう難しいんだよなぁ」なんて思う人もいるかもしれません。とくに、セミナー集客という観点でホームページを構築すると、いかにも「売るためのページ」になってしまっていて、そこにリンクを集めるのはちょっと難しいでしょう。

そんな時にはお勧めがあって、世の中で使われているネットサービスの中には、そこに自分のURLを記載するだけで、リンクを獲得する効果があるものもあるそうです。たとえば、「タンブラー」と呼ばれるブログのようなSNSのようなサービス。普通にアカウントを作成すれば誰でも使うことができますが、ここに上位表示させたいホームページのアドレスを記載すると、外部からリンクを張ってもらったことになり、上位表示される可能性が高くなります。この手のサービスは他にもいろいろあるそうなので、興味がある人は下記の記事などを参考に調査をしてみて下さい。

もっとも、SEOの世界は日進月歩です。この記事の前編にも書きましたが、「○○アップデート」と呼ばれるgoogleのシステム変更(アルゴリズム変更)によって、ある時に使えたテクニックが使えなくなる、もしくはかえって逆効果のようなことも起こります。実際に上記に掲載した無料で被リンクを獲得するという記事を見ても、サービスを終了したウェブサイトがたくさん掲載されていますしね。したがって、最新の情報を勉強して仕入れることが大事になりますので、このためのリンク集をこの記事の下記に掲載します。

基本

最新情報チェック

そもそも、どんなキーワードでセミナー集客する?

ここまで一通りの技術的なことを紹介してきましたが、様々なテクニックを踏まえたうえで、もう一度本来の目的の「セミナー集客」という観点からSEOを見直してみましょう。その際に考えたいのが、「どんなキーワードで上位表示されたいか」という観点です。

たとえば、あるときプレゼンテーション・カレッジのセミナールームで、「イノベーション」をテーマにしたセミナーが開催されました。これの集客に役立てるためにSEOをしようと思ったとして、どのようなキーワードで検索したときに、そのセミナーのランディングページを上位表示させたいでしょうか?

もちろん、「イノベーション セミナー」というキーワードがまっさきに思い浮かびます。ただ、実はこれ、世の中で検索する人はごく少数。具体的にいうと、日本国内で1ヶ月に110回しか検索されていません。ということは、仮にこれで検索結果の上位表示ができたとしても、見てくれるのは月間に100人もいなくて、セミナー集客にはまったくつながらないでしょう。

じゃあ、セミナーのテーマである、「ビジネス モデル イノベーション」では?

残念ながら、これも検索数は少なくて、月間わずか170回。

むしろそれよりも、

「オープンイノベーション」というキーワードの方がよっぽど多く検索されていて、その数実に

4,400件

です。

ということで、セミナー集客のそもそもに戻りますが、SEOに手をつける前に、「どんなキーワードで上位表示させたいのか」を考えることが必要になります。そして、このような、「あるキーワードが月間でどのくらい検索されているのか」を知るためのツールが、googleが提供している「キーワードプランナー – Google AdWords」というサービスです(先ほどのイノベーションに関するキーワードも、このキーワードプランナーで調べました)。

詳しい使い方は、「【2016年版】GoogleAdwordsキーワードプランナーの使い方とキーワード選定方法【2016年版】GoogleAdwordsキーワードプランナーの使い方とキーワード選定方法」という別サイトの記事に譲りますが、これを使うことがSEOの第一歩と言っていいでしょう。