ナビゲーション
前ページ:お金をかけずにセミナー集客というオイシイ話 (後編)を読む   講師起業のページに戻る   次ページ:セミナー集客がはかどるWordPressプラグイン厳選17個を読む

セミナー集客

セミナー集客においては「強い」、つまり申し込みがとれるホームページが必要というのは、私たちの提唱する「セミナー集客のダイヤモンドモデル」の中核をなす考え方です。このためのツールが、ブログシステムのWordPress(ワードプレス)。当記事では、WordPressのメリットを解説したうえで、セミナー集客サイト構築の概要を解説します。

なお、強いホームページを構築したら、当然の事ながらそこにひとを呼び込む必要がありますので、セミナー集客のダイヤモンドモデルの「アクセスアップ」もあわせて考えるとセミナー集客がうまくいくことは、言うまでもありません。

セミナー集客できるホームページはWordPressで決まり

セミナー集客ができる「強い」ホームページを作るのは、「育てる」という感覚が必要です。最初に作ったページは正直なところ、一人で満足に集客できないまだ「よちよち歩き」の段階。でも、弱いところを補いながら、どんどん長所を伸ばしていく…この繰り返しをすることで、いつの間にか一人前に集客できるホームページになるのです。ただ、この「ホームページ育て」をやるに当たっては、内容を何度も書き直す必要があり、これを簡単に実現する「しくみ」が必要になります。それが、WordPress。「ブログシステム」と呼ばれることもありますが、それこそブログを更新するような気軽さでホームページの修正ができるのです。

一方で、従来型のホームページはhtml(エイチ・ティー・エム・エル)という簡易なプログラミング言語を手書きするため、作成には専門知識や専用ソフトが必要ですし、修正には手間がかかります。一概には言えませんが、感覚としてはWordPressでホームページを修正する手間を1としたら、3-4倍の手間がかかる感じです。

実際、筆者も、独立して初めて作ったのは昔ながらのhtmlで既述したホームページでしたが、それだと記事更新の頻度が低くなってしまったので、htmlのウェブサイトの一部にWordPressでブログを作って、そこにどんどんと記事を投稿するという仕立てにしました。ところが、その後に立ち上げた別のウェブサイトでは、当プレゼンテーション・カレッジを初めとしてWordPressのみで作成して、おかげで情報の更新がとても楽になっています。

WordPressのメリットは、これだけにとどまりません。他にも、

と言うアドバンテージがあります。しかも、これが無料で提供されているので、セミナー集客において使わないという選択肢は考えられないほどです。

無料ブログでは実現しにくいセミナー集客できるページ

と、ここまで来ると、「だったらフツーにブログでやればいいじゃない?アメブロだって、ヤフーブログだってあるんだし」と思う人もいるかもしれません。ところが、これらの無料ブログは、

  • ページを独自デザインにしにくい
  • プラグインで新たな機能を盛り込むのはほぼ無理
  • アドレス(URL)が独自のものにできない

という難点があり、本気でセミナー集客に取り組むにはちょっとキビシイのです。他にも、ブログマーケッターのJUNICHIさんによると、「記事が削除されるかもしれない」、「勝手に広告をつけられてしまう」まで含めた「人生崩壊します!無料ブログを僕がおすすめしない7つの理由」という記事でそのデメリットを解説しているので、ご興味がある方はチェックしてみてください。

WordPress+BizVektorでホームページを構築する

ちなみに、WordPressはインストールした状態だと、いかにもブログのように見えます。もともとがブログシステムなのでしょうがない、と言うか当たり前なのですが…。ただ、これだと見映えが悪くてセミナー集客という観点ではマイナス。そこで、「テンプレート」と呼ばれる、デザインだけ変えるパーツを適用します。具体的には、株式会社ベクトルが無料で提供しているBizVektorと言うテンプレートはデザインもキレイで機能面でも使い勝手が良く、おすすめです。

ここでは、BizVektorを使うという前提で、セミナー集客のためのホームページ構築法を、下記に簡単に説明します。

  • WordPressをインストールする。
  • BizVektorテンプレートをダウンロードし、上記でインストールしたWordPressに適用する。
  • BizVektorテンプレートと一緒に提供されている「サンプルページ」をダウンロードし、上記でインストールしたWordPressにインポートする。ただし、このサンプルには不要な要素も含まれているので、不要なページ(Home、お問い合せ、スタッフブログ、サイトマップ以外)を削除する。そして、新たなページを追加する (about、セミナー情報、個別のセミナーのランディングページ)。
  • 同様に、サンプルに含まれていた不要な投稿、不要なカテゴリーを削除する。
  • BizVektorのテーマオプション設定
    • デザインスキンをCalmlyにする
    • グローバルメニューの数を5個にする
    • フッター左下の表示を変更する
    • 問い合わせページのURLに/contactを指定する
    • トップページの「3PRエリア」を表示しない
    • トップページでの「お知らせ」の表示件数を0件にする。結果として、トップページでは「お知らせ」が表示されなくなる。
    • トップページのメインビジュアル(画像)を変更する。
    • google analyticsのトラッキングコードを取得して挿入する。これによって、アクセス解析ができるようになる。トラッキングコードの挿入には、他にもテンプレート中のheader.phpを修正するという方法もあるが、BizVektorの機能を使った方が手軽に実装できる。

なお、さらに詳しくWordPressの使い方を知りたい方にお勧めなのが、石川 栄和、大串 肇、星野 邦敏著、「いちばんやさしいWordPressの教本 人気講師が教える本格Webサイトの作り方」です。著者のお一人石川さんはBizVektorの開発者なので、BizVektorを前提にした説明が、なんとも「かゆいところに手が届く」感じでありがたいのです。