セミナー集客の結果を左右するほど重要なセミナータイトル。
「わかる人にはわかるだろう。」といういい加減な気持ちでタイトルをつけると、すごくもったいないことになります。

セミナー集客につながるセミナータイトルには、次のような3つの要素がうまく含まれています。

集客ではセミナー内容がすぐにわかるタイトルに

セミナーのタイトルは、一目で内容がわかるようなものでなければ興味を持ってもらえません。
せっかくセミナー集客サイトまで来てくれたのに、セミナータイトルを見た瞬間に「?」と思ってしまうと、よほど興味がある分野のことでない限り、離脱してしまいます。

つまり、せっかく宣伝に成功しかけていてもセミナータイトルがイマイチだと、宣伝も無意味なものになってしまいます。

集客に必要なセミナータイトルの3つの要素

1. 何が目的のセミナーなのか?
2. 何が得られるセミナーなのか?
3. 何が達成できるセミナーなのか?

この要素に着目してセミナータイトルを考えると、目を惹くタイトルになるはずです。

例えば、Webデザインのセミナーを開くとして、単純に「Webデザインセミナー」というタイトルをつけても「どんなWebデザインを教えてくれるの?」となりますよね。

でも、「素人でもたったの1時間でプロのようなサイトが作れるWebデザインセミナー」というタイトルにすると、ニーズに合う人が振り向いてくれるはずです。

セミナー集客では目的や効果がわかる言葉を選ぶ

セミナータイトルの言葉選びは、ものすごく重要です。
「どんな目的でセミナーを開くか?」が明確であり、「セミナーを受ければどうなれるのか?」をわかりやすい言葉で表現すると、よりキャッチーに響きます。

まずは、目的を書くこと。
・綺麗なサイトを作れるようになる
・メイク時間を減らせる
・プレゼン資料が短時間でできる

などのセミナーを開催する目的を言葉で表します。
そして次に、数字を出して、より明確にセミナーの内容を伝えると効果的です。

例えば、
・たったの1時間で綺麗なサイトを作れるようになる
・メイク時間を5分にできる裏技
・プレゼン資料を30分で作る方法
のような感じで、タイトルを見れば、すぐに内容がわかるので、セミナー集客につながりやすいです。

セミナー集客では「明るい」未来を描ける言葉を選ぶ

なんとも曖昧な言い方ではありますが、「明るい」未来を描ける言葉を付け加えましょう。

例えば、
・頑張らなくても結果が出る
・モチベーションが上がる
・スラスラ話せるようになる
などの心が前向きになり「やってみようかな?」と思えるような言葉。

希望が描ける言葉やフレーズは、目を惹かせるのに効果的なので、ぜひ活用してみてください。

インターネットでのセミナー集客

セミナー集客を目指しているのなら、もっとセミナータイトルにこだわりましょう。
一目で見て、内容がわかるか?効果がわかるか?希望を描けるか?などがポイントとなります。

特に、インターネットで宣伝する場合は、短時間でユーザーがいろんなサイトに飛べるので、一瞬で目を惹くタイトル作りが重要となります。

次ページ
セミナー集客手段はSNSだけじゃない!メルマガをうまく活用するコツとは?を読む
 
  セミナー集客の基本のページに戻る