セミナー講師ならば、「人がどのようにモノゴトに上達するか」を知っておく必要があるのは当然でしょう。

単に人前で話すだけでなく、何かを伝えて、それが相手の身になって行動が変わっていく、それが講師のあるべき姿だからです。

そんな時に参考になるのがこちらの本。

岡本 浩一著、上達の法則―効率のよい努力を科学する

セミナー講師に限らず、あらゆるモノゴトに上達するためのコツを科学的(認知心理学、教育心理学)に分析した本です。

すなわち、モノゴトの上級者を、「その分野に対して揺るぎない判断のしくみを構築した人」とみて、その「判断のしくみ」(著者は「スキーマ」という用語で説明している)を構築するための効率的な方法を提言しています。

なので、努力をはじめる前に、まずは本書を読むことをオススメしたいですね。少しづつでも「結果につながる努力」をしたいじゃないですか、やっぱり。

以下、ポイントを。

●上達した人はどこが違うか
・持続力、集中力が高まる
・特異な才能が光る
・イメージやこだわりが鮮明になる
・他者を見る眼が変わる
・自分を正確に認識できる

●上達の方法論-中級者から上級者になるステップ
・鳥瞰的認知を高める
・理論的思考を身につける
・精密に学ぶ
・イメージ能力を高める
・達人の技に学ぶ
広域コードと知識を拡大する

●上達を極める10のステップ
・反復練習をする
・評論を読む
・感情移入をする
・大量の暗記暗唱をしてみる
・マラソン的な鍛錬をする
・少し高い買い物をする
・独自の訓練方法を考える
・特殊な訓練法を着想するプロセス
・独自の訓練から基本訓練に立ち返る
・なにもしない時期を活かす

前ページ
野口 敏著、誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルールを読む
次ページ
上野 直樹著、7秒のイメージ・マジックであなたの声はもっとよくなる―相手を説得する、声の印象が変わる、気持ちが伝わるを読む
 
  教え上手な講師のページに戻る