野村克也氏はご存じでしょう。選手の育成に関しても評価が高いプロ野球の名将です。「野村再生工場」なんてニックネームがありますが、他のチームで使い物にならなかった選手が野村監督の下では「再生」されたかのように再度活躍をすることがおおい、と言われています。

そんな野村氏の人材育成の手法は、セミナー講師にも役立つのではないかと思い手に取ったのがこちらの本。

野村克也著、野村ノート

いいことがたくさん書いてありそうですが、野球に詳しくないとちょっと理解しにくいところもありました。「野球道」はそんなに甘くないようで、もし将来野球に詳しくなったら再度トライしてみたいと思います。

ただ、気になったのは、野村監督が本書中で苦言を呈している選手。とくに、元ヤクルトの古田氏との確執、もしくは疎遠ぶりは、野球に詳しくない人間にとっては意外でした。かつては師弟関係にあった人とそう言う関係になってしまうのはどこら辺に理由があるか、質問してみたくなります。

前ページ
ダグ・レモフ著、成功する練習の法則―最高の成果を引き出す42のルールを読む
次ページ
NHKスペシャル取材班著、ヒューマン なぜヒトは人間になれたのかを読む
 
  野村監督から学ぶセミナー講師養成のページに戻る