会議のファシリテーションで大事な板書。

もうちょっとそのテクニックを上げたい、と思ったときに思わず手に取ってしまうかもしれないのがこちら。

堀 公俊、加藤彰著、ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法

【コンテンツ面でのポイント】

·実は板書をする人が、会議の進行に一番大きな影響力を持っているのです

·ファシリテーション・グラフィックの6つのメリット
-プロセス共有
 議論のポイントを分かりやすくする
 ポイントに意識を集中させる
 共通の記録として残す

-参加の促進
 発言を定着させて安心感を与える
 発言を発言者から切りはなす
 議論に広がりを与える

·会議を自分の都合の良いように進行する人を「仕切りテーター」と呼んでいます

·良い要約と悪い要約
 良い要約はキーワードを活かして文章にする
  機能が顧客に合っていない、ターゲットを外したかも?、顧客ニーズと機能が
不一致
 悪い要約はキーワードでとどめている
  商品コンセプトの問題、商品機能のミスマッチ、企画倒れのコンセプト

·矢印を使って関係を表す

·図解ツールを使って構造化する
 モレなくダブりなくまとめるツリー型
 重なりが新たな発想を生むサークル型
 流れやつながりを整理するフロー型
 一刀両断に議論を切るマトリクス型

·参考文献
堀 公俊、加藤 彰 ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える
化」する技法
堀 公俊、加留部 貴行 教育研修ファシリテーター
リチャード ボルスタッド NLP子育てコーチング―親の信頼がこどもを伸ばす
久恒 啓一 図解仕事人 (光文社新書)
加藤 昌治 考具 ―考えるための道具、持っていますか?
ミリー・ソネマン 説明上手になれる「らくがき」の技術
和爾 祥隆、視覚デザイン研究所 レイアウト ハンドブック
Robert E.Horn ハイパーテキスト情報整理学―マルチメディア時代の扉を開く、
次世代のドキュメント構築法
中野 民夫 ファシリテーション革命
シュワーツ ファシリテーター完全教本

前ページ
堀 公俊、加留部 貴行著、教育研修ファシリテーターを読む
次ページ
中野 民夫著、ファシリテーション革命を読む
 
  ファシリテーションセミナーのページに戻る