「しがない中間管理職だって、組織改革に貢献したい」

そんな風に思うマジメな人に読んで欲しいのがこちら。

森 時彦著、ザ・ファシリテーター 人を伸ばし、組織を変える

評価は

★★★★☆ (購入して読む価値あり)(評価の基準はこちら)

小説仕立てで組織変革のストーリーが描かれています。読みやすさで言うと、

 なぜ会社は変われないのか>本書>V字回復の経営

と言う感じ。てーか、なんか横文字多いッスね、なんとかならんのか、と茶々を入れたくなります。

そのせいで、OB(Organizational Behavior)のカタログみたいになってしまっているところが若干残念です。でも、いい本なので、ご興味がある方はぜひご一読を。

以下、ポイントを。

●タックマンモデル
心理学者のタックマンが提唱する組織の進化
 フォーミング
 ストーミング
 ノーミング (統一)
 パフォーミング

●GE式ワークアウトの狙いと効果 (CLOのスティーブ・カーによる)
ひたすら「ストレッチ」する
「システムシンキング」を育てる
既成概念にとらわれない水平思考を促す
本当の権限委譲と「説明責任」を生みだす
短サイクルでの変革と素早い意思決定を手にする

●グループダイナミクス
1940年代にアメリカで開拓された小集団の心理を扱う学問領域

●ギブの4つの懸念モデル
J.R.ギブによって提唱された、他者との関係において自分を守るために自然と持つ懸念のモデル
需要懸念 受け入れられるだろうか?
データ流動 こんな事を言って良いものだろうか?
目標形成 グループ活動の目標が理解できない
社会的統制 グループ内での依存願望が満たされない

●ジョハリの窓
アメリカの臨床心理学者ジョセフ・ラフトとハリー・インガムによって提唱された、「対人関係における気づきの図解モデル」

●パーキングエリア
本来は出てきた意見の批判を許さないブレーンストーミングの際に出てきた、懸念や批判の意見を一時的に保持しておくためのホワイトボードのエリア

●アイスブレーク
日本ファシリテーション協会

https://www.faj.or.jp/modules/contents/index.php?content_id=27

●外部化された思考プロセス
Think aloud

●未知の問題へのアプローチのパターン
何が事実で何が推測かを峻別する
要因を網羅してみる
仮説を立てる
プロセスを描いてみる
蓋然性の高いものから検証してみる
逆の立場から見てみる

(所感)未知の問題へは、機能的なアプローチの方が有効では?(それしかできない)

●発言を促す技術
全体を意識させる質問
分散(多様性)を意識させる質問
自分たちがコントロールできるものと出来ないものを意識させる質問
時間軸を意識させる質問
基準を意識させる質問

●アクションのコミットのための4W1H
Where
What
by When
How much
Who

●マインドマッピングを収束させる「浮力の原理」

●アイデアを出すためのモアorレス
今後増えるもの vs. 今後減るもの

●プロセスマッピング
客観的に自分たちのプロセスを見直すのに役立つ

●会議のグランドルール
会議の運営方法やマナー

●ビジョンを描くためのタイムマシン法

●フォース・フィールド・アナリシス
心理学者のK・レヴィンが1950年代に提唱した、集団の持つ規範を計画的に変えていくための手法。

行動を抑制しているさまざまな力を書きだしていく

●ソクラテスは弟子達に質問することで思索を促した

●ボールによる会話の可視化

●QC7つ道具
1. 管理図
2. ヒストグラム
3. 散布図
4. フィッシュボーンチャート
5. パレート図
6. グラフ
7. チェックシート

●新QC7つ道具
1. 系統図
2. 連関図
3. 親和図
4. マトリックス図
5. マトリックス・データ解析
6. アロー・ダイヤグラム法
7. PDPC法

前ページ
堀 公俊, 日本ファシリテーション協会著、ファシリテーションの技術 「社員の意識」を変える協働促進マネジメントを読む
次ページ
山崎 将志著、ファシリテーションを読む
 
  ファシリテーションセミナーのページに戻る