山崎 将志著、ファシリテーション

山崎 将志著、ファシリテーション

●世の中の会議の8割は、「進捗確認会議」とそれに付随する「問題解決会議」

●会議の3点セットは
 アジェンダ
 作業計画表
 課題管理表

●会議の目的設定=テーマ(何を)+ゴール(情報共有、創造、調整、決定)

●会議の資料作成。問題解決を目的とした資料の提案の5項目
 提案/主張
 根拠
 効果
 リスクと予防策
 実行計画

●議事録の目的
 次のアクションアイテムを明示する
 情報共有
 証拠を残す

●議事録のタイプ
 決定事項メモ
 要約録
  会議の名称や開催日時、場所、出席者
  会議で話し合った議題をリストアップ
  議題別の「合意事項と残課題」
  主な議論
  アクションプラン
 逐語録

●議事録と会議の3点セットは、会議の品質を高める以外に、若手の仕事力向上にはうってつけ

●会議の冒頭でこれだけは押さえよう
 趣旨説明
 各議題の説明
 趣旨・議題に関する合意の確認
 タイムテーブルの確認

●会議の5つの役割
 参加者
 マネジャー(意志決定者)
 ファシリテーター
 書記
 専門家

●議論の可視化の目的
 記憶の外部化
 言葉の定義の明確化
 論点の拡大と深化
 会議後の作業の軽減

——————
ベストセラーの法則
——————
●「ファシリテーションが注目される背景」で必要とされる理由を明確にしている。もっとも、メリットはもっと強く打ち出してもよいのでは?

●一つのトピックが見開き2ページによる解説+ケーススタディとコンパクトにまとめられている。ただ、ケーススタディは分量が足りないし抽象度が高いので、まだ工夫の余地はある

●デザインのせいなのか、白黒の割には読みやすい。フォントとか、行間とかの設定がうまいのか?

●見出しはキーワード型。なじみのある分野のせいか、言い足りない感はない

前ページ
森 時彦著、ザ・ファシリテーターを読む
次ページ
堀 公俊、加留部 貴行著、教育研修ファシリテーターを読む
 
  ファシリテーションセミナーのページに戻る