さらに効率的にセミナー集客するためにやるべきただ一つのことは、もっと受講者像を明確にすること。
セミナー集客のための受講者像とはマーケティングでいうペルソナ設定と同じです。

セミナーのバックエンド商品を売るためにもペルソナが明確化されていなければターゲットがぼやけるので、全力で矢を放っても的に当たらず苦労するだけです。

今回は、セミナー集客に悩んだら実践したいペルソナの明確化についてお話しします。

セミナー集客できないのはターゲットがぼやけているから

セミナー集客を頑張っているのに成果が出ない原因は、宣伝をする相手を間違っているからかもしれません。
あなたのセミナーを必要としている相手に宣伝しなければ、話を聞いてもらうのも難しくなかなか集客には繋がりません。

あなたのセミナーを必要としている受講者像は明確化できていますか?
明確化できていなければ、セミナー集客の見込みがない相手にメールや広告を出して無駄な労力を使ってしまうだけです。

セミナー集客のためのターゲット設定は、マーケティングのペルソナ設定と同じです。
どんな相手に自分のセミナーを届けるべきか?という原点に帰って、ペルソナ設定によりターゲットを明確化するべきです。

「どなたでもウェルカム!」はやめましょう。

セミナー集客のためにペルソナを明確化する方法

セミナー集客のためのターゲット絞りには、マーケティングのペルソナ設定が役立ちます。
ペルソナの設定は次のような項目でターゲットを絞り想像を膨らませて行きます。

○属性や基本情報

・年齢、年代
・性別
・住んでいる場所、出身地
・家族構成
・職業や肩書き
・年収
・趣味

○抱えている悩みや目標、夢など

・抱えている悩み
・今後の目標
・叶えたい夢

このような項目から、あなたのセミナーを必要としているペルソナ像を明確化していくことでターゲットを正確に絞れて効果的なセミナー集客へと繋がっていくのです。

セミナー集客したいペルソナ像はどこにいるのか?

ペルソナ設定で想定したあなたのセミナー受講者は、どんな場所に集まっているのか?を次に考えて行きましょう。

・ペルソナ像が参加していそうなイベントや会合、他のセミナー
・ペルソナ像がスキルアップのために通っていそうな講座
・ペルソナ像の趣味から想定できるサークルやイベント
・ペルソナ像がよく行くお店
・ペルソナ像がよく見るサイト

などの場所を想定して行くことで、より効果的なセミナー集客場所が見つかります。
チラシや広告を出す場所やPR場所を見直せば、今よりもセミナー集客できますし無駄な宣伝がなくなります。
ペルソナ像が行きそうな場所を明確化しておくと受講者獲得のための人脈作りにも役立ちます。

このように、ただ宣伝しているだけではセミナーの受講者は獲得できません。
セミナーの内容を考えるときに設定したターゲットをもっと明確にして、集めるべき受講者や宣伝するべき場所を見直してPR方法を考えて行きましょう。
宣伝しているのにセミナー集客できていないなら、さらなる宣伝よりもペルソナ設定のやり直しをおすすめします。