Zoomプレゼンセミナー

Zoomプレゼンセミナー

下記にひとつでもあてはまれば、セミナーへの参加をお勧めします

  • Zoomを使ったプレゼンや説明会が苦手だが、今後もやらなければならない
  • 画面に向かって話をすると、思ったとおりに伝わらない
  • Zoomで講師をやっているが、聞き手の空気が読めないので苦労している

Zoomプレゼンセミナー日程
申込み後でも無料で日程をお振替えいただけます

zoomプレゼンセミナー講師

こんにちは。プレゼンテーション・カレッジ代表の木田知廣です。

Zoomのプレゼンや説明会で「言いたいことが伝わらない…」。そんな悩みを持つ人が増えています。

画面越しなのでしょうがないのか…と諦めたくなりますが、じつは「ちょっとしたコツ」を知っているだけで伝わり方は格段に違ってくるのをご存じでしょうか?

私がこれに気づいたのは、米マサチューセッツ大学のオンラインプログラムの講師を始めたときでした。最初のうちは「聞き手の反応がつかめない」こと戸惑い、伝え方もぎこちなくなってしまいました。これを乗り越えた経験を体系化したのが、この講座の元になっています。

今回、Zoomでとくに必要になる内容も加えてお届けしますので、ぜひおいで下さい。

※Zoomの機能を解説した、「Zoom主催者セミナー」も姉妹講座として用意しました。配信機材の説明などもそちらでしていますので、あわせてご検討下さい。

プレゼンテーション・カレッジ代表zoomプレゼンセミナー 講師署名

※このセミナーはZoomを使いこなしたい人向けですが、もっと基礎から知りたいという方に、「Zoom入門セミナー」も用意しました。同時申込みすると割引になるパック受講制度もありますので、Zoomを基礎から学びたい方はご検討ください。

このZoomプレゼンセミナーでお話する内容

Zoomプレゼンで聞き手を惹きつける3か条

“Zoomプレゼンセミナー”

Zoomでプレゼンとなると、ついついパソコンの前にどっしり構えてしまいがちですが、それでは 聞き手が飽きるのも当然です。資料共有と人物のクローズアップを交互に使ったり、フレームキューブを意識して前後左右に動くことで変化をつけるなど、聞き手を飽きさせないことが重要です。

セミナーのこのパートでは、聞き手を惹きつける話し方が学べます

画面に変化をつける以外にも、ジェスチャーを使ったり、メリハリのある話し方をしたり、聞き手を惹きつける方法は様々です。その中から、その場の状況に合わせたものを使い分けていくのが、プレゼン上手への近道です。


Zoomプレゼンセミナー日程
申込み後でも無料で日程をお振替えいただけます

Zoomプレゼンで聞き手から反応を引き出す法

“Zoomプレゼンセミナー”

Zoomプレゼンでパソコンのカメラに向かって話していると、聞き手の反応が分からない…。よく聞く悩みですが、実は聞き手の方も「どうやって反応したらいいのか」と悩んでいるものです。いわばお互いに遠慮しあって、そのせいでプレゼンが「サムい」状態になってしまっているのです。これを打ち破り、お互いに話しやすい空気感を生み出す方法論を紹介します

セミナーのこのパートでは、話しやすい「空気感」を生み出す方法が学べます

“Zoomプレゼンセミナー”

Zoomを使ったプレゼンテーションで一番難しいのは、実は冒頭(オープニング)です。ここで距離感をグッと近づけることができると、その後は順調に進んでいくものです。自己紹介も含めて、オープニングの技を身に付けていただきます。


Zoomだからできる双方向型のプレゼンテーション

“Zoomプレゼンセミナー”

Zoomが一気に世の中に広がったのは、「双方向性」のやりやすさにあります。単に主催者(ホスト)が一方的に話すだけなら、動画を見せればいいことです。そうではなく、プレゼンの聞き手からも発言を求めることで、まるで一緒の空間を共有したかのようなほんとうの意味でのプレゼンテーションが実現できます。


セミナーのこのパートでは、聞き手を巻き込む方法が学べます

双方向でプレゼンテーションと聞くと、「ほんとうに自分でできるのかなぁ…」と疑問に思うかもしれません。でもご心配なく。実は誰もができる簡単な双方向性があって、それが「聞き手に考えさせる」こと。聞き手が頭の中で「自分との対話」をしてくれれば、それで十分双方向になるものです。これを実体験を交えながら身に付けて生きます。



Zoomプレゼンセミナー日程
申込み後でも無料で日程をお振替えいただけます



Zoomプレゼンセミナー 他との違い

Zoomプレゼンセミナー 他との違い 講師は対面でのプレゼンテーションも指導する教育のプロフェッショナル。本を何冊も執筆しているので、説明の分かりやすさがちがいます

Zoomプレゼンセミナー 他との違い セミナーは実践形式。講師がやってみせた後は、実際にZoomの操作も体験いただけます。話を聞くだけの講義とは、身につく感じがちがいます

Zoomプレゼンセミナー 他との違い 監修者は米国マサチューセッツ大学の通信講座で指導しています。現地のネットワークで米国の最新事情をチェックしているのでセキュリティ(安全な運営)がちがいます

Zoomプレゼンセミナー 他との違い 資料を事前配布するので、予習/復習も思いのまま。身につく感じがちがいます

Zoomプレゼンセミナーの資料


Zoomプレゼンセミナー 開講スケジュール

日時 講師 会場 申込状況
20/08/23 (日)
18:00 – 21:00
木田 知廣 オンライン(Zoomで配信) お申込み
20/08/29 (土)
18:00 – 19:00
木田 知廣 オンライン(Zoomで配信) 満員御礼
20/09/13 (日)
18:00 – 21:00
木田 知廣 オンライン(Zoomで配信) お申込み

Zoomプレゼンセミナー開催要領

受講料 15,000円 (税込)
セミナー時間 3時間
定員 20名
会場 Zoomを使ったオンラインセミナーです。参加するためのウェブアドレスは、申込者のみにお伝えします
進行方法 グループワークを交えて進めます。カメラ付きパソコンの方は、カメラをオンにしてご参加下さい。

入金後にキャンセルできますか?

安心の満足度保証制度

Zoomプレゼンセミナー 振替制度■振替制度
「申し込んだけれど、当日仕事で抜けられなくなってしまった!」忙しくされているビジネス・パーソンであれば、そんな場合もあるでしょう。そんなときは、同じ内容の別日程のクラスを無料でご受講いただくことができます(3ヶ月間有効)。

Zoomプレゼンセミナー 返金制度■全額返金保証
講座をご受講したうえで、それでもご満足いただけない場合には、理由を問わずに受講料を全額返金させていただきます。(ただし、途中退席など講座をすべて聴いていない場合は、この制度が適用されません。また、この制度は受講する講座数にかかわらず、一人のお客様に1回のみ適用です)

Zoom主催者セミナー パック割引

初心者向けの「Zoom入門セミナー」を3,500円で開催しています。この講座と同時にお申し込みいただいた場合に限り、通常3,500円+15,000円=18,500円のところを、15,400円の優待価格でご受講いただけます。

このセミナー(3時間)の日程 基礎編(75分)の日程 お申込
20/08/23 (日) 18:00 – 21:00

 

20/08/18 (火) 19:00 – 20:15

 

お申込み

20/08/23 (日) 10:00 – 11:15

 

お申込み

20/09/13 (日) 18:00 – 21:00

 

20/09/02 (水) 19:00 – 20:15

 

お申込み

20/09/13 (日) 10:00 – 11:15

 

お申込み


Zoomプレゼンセミナーご受講のご案内

お申込みとお支払い

お支払は銀行振込もしくはクレジットカードです。

  • 銀行振込の場合、申し込みフォームに必要事項を記載のうえご送信下さい。自動返信メール中に記載されている三菱UFJ銀行に5営業日以内にお振込みください(振込手数料はご本人様負担となります)。

キャンセルポリシー 何らかのご都合により参加が不可能となった場合、参加料金の取り扱いは、以下のルールに則ります。

  • 当該セミナーの開催3営業日前(開催日含まず)までは、一切のキャンセル料は発生しないものとします。
  • 3営業日を過ぎても、無料振替制度は有効ですので、直前に都合が悪くなってしまった場合は別日程をご検討下さい。
受講にあたってのご注意
  • 講座での写真撮影、録音、録画、などはご遠慮下さい。
  • 講師/講座内容は予告なく変更になる場合がございます。
  • カリキュラム内容・教材、配布資料等の無断転用/複製を禁じます。
  • ワークショップ形式のため、当校に著しくそぐわない言動が認められた場合、ご受講をお断りすることがございます。講座の途中であってもそれ以降ご受講いただけない場合があります。

より詳しい受講規約はこちらに掲載しています。この規約をご承諾の上お申し込みください。


Zoomプレゼンセミナー講師

木田 知廣 (KIDA, Tomohiro)

プレゼンテーション・カレッジ代表
米マサチューセッツ大学MBA講師
シンメトリー・ジャパン株式会社 代表

ロンドン・ビジネススクールでMBA取得後、グロービス経営大学院の前身となる社会認知型MBAプログラムの立ち上げプロジェクトをリーダーとして率いる。

2012年からは、米マサチューセッツ大学のオンライン講義を担当するが、対面の場で教えることとオンラインで教えることの違いに愕然とする。集合研修では「いい」とされていたことが、オンライン講座では「ダメ」となることも多く、コミュニケーション手法が根底から覆されたのだ。

これをきっかけに、オンラインでも「伝わる」方法を模索。試行錯誤する中でZoomと出会い、その双方向性に魅了される。以降、その機能の研究を重ね、日本人が本当に使いやすい方法論を構築する。

ライフモットーは、”Stay Hungry, Stay Foolish” (同名のブログを執筆中)

著書と執筆活動

Zoomプレゼンセミナー参考文献

聞き手を動かすプレゼンテーションのための、「心をつかみ人を動かす説明の技術」

プレゼンテーションをそれなりにはできるけど、今イチ印象が弱いという人が押さえておきたいのが本書です。

たとえば、「ストーリーテリング」と言いますが、それこそ物語を描くように聞き手の気持ちをぐいぐい惹きつけてエンディングまで持っていくPARLの法則、あるいは聞き手の好みのコミュニケーションスタイルを一瞬で見抜く方など、プレゼンテーションの際に使えるテクニックが盛り込まれています。



Zoomプレゼンセミナー参考文献

ロジカル・プレゼンテーションのための、「ほんとうに使える論理思考の技術」

人前で話す時、話があちこちに飛んでしまって結局何も伝わらないと言う人が押さえておきたいのが本書です。

情報をグルーピングして整理したうえで、それぞれのようその間に働く因果関係を見抜いてまとめれば、一見膨大な情報もすんなり頭にはいるもの。このためのぴれみっど・ストラクチャという方法論は、ロジカル・プレゼンテーションを目指す人ならば必須です。



Zoomプレゼンセミナー参考文献

上記「ほんとうに使える論理思考の技術」は日本にとどまらず、アジアの人に大人気。中国大陸の簡体字と台湾の繁体字に翻訳され、現地でのプレゼンテーションスキルのアップに役だっています。




プレゼンテーション セミナー日程
申込み後でも無料で日程をお振替えいただけます

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP