プレゼンテーション通信アドバイス

「プレゼンがうまくなるためにアドバイスが欲しい…」。

そう思っても、身近な人には頼みにくいものです。たとえば会社の先輩や上司からアドバイスをもらったら、それを実行しないと気まずい関係になりそう。そもそもがプレゼンのプロではないですからアドバイスがどこまで的を射たものか分かりませんし……。

そんなときに役立てて欲しいのが、私たちプレゼンテーション・カレッジの「プレゼン個別アドバイス」です。

ご自身のプレゼンを撮影したものを送っていただければ、プレゼンテーション・カレッジの講師がコメントをつけて返送します。

プレゼンの内容は、どんな分野でもかまいません。顧客向けプレゼンテーションや社内プレゼン、あるいはセミナー講師など、「人前で話す姿」を撮影してお送り下さい。

どんなアドバイスがもらえるの?(カーソルをのせると疑問への回答が表示されます)

料金 3,600円
ご提出いただく
プレゼンの長さ
10分程度
※10分という時間にこだわるよりも、話の内容として「キリがいい長さ」をお送り下さい。

お申込み・お問い合せ

お申込みやお問い合せなど、どんな内容でもけっこうです。まずは下記からご連絡下さい。

お名前 (必須)
会社名 (任意)
メールアドレス (必須)
電話番号 (任意)
お問い合せ内容 (必須) ご質問やご要望などをご記入下さい。
 

プレゼンをトータルにサポート

このサービスの他にも、プレゼンテーションの悩みを解消する様々なサービスを行っています。ご都合がよいものを選んで、お申し込みください。

プレゼンテーション個別指導

重要なプレゼンや絶対に落とせない商談に向けて、徹底的に準備したい方のためのものです。講師がマンツーマンで指導します。


プレゼンテーション入門セミナー

基礎からプレゼンを学びたい方のためのものです。プレゼンが苦手な人は「我流」でこなしていることが多いので、まずは実践によって裏打ちされた「ルール」を身につけていただきます。


プレゼンビデオセッション

講師から直接個別のアドバイスが欲しい方のためのものです。プレゼンテーション・カレッジのセミナールームにおいでいただき、そこでビデオ撮影をして講師から具体的・個別なアドバイスをします。


プレゼン通信アドバイスのよくある質問

アドバイスはどんな形でもらえるの?
撮影されたプレゼンに対して、よい点・悪い点の指摘をするのはもちろんですが、「どうしたら改善できるか?」の具体的・個別なアドバイスを文字にしてお伝えします。たとえば、「聞き手と目を合わせながら話しましょう」というのは、単に悪いところを指摘しただけで不十分だと私たちは考えます。

むしろ、「動画の○○分のところで、スクリーンに向かって話しています。これでは聞き手に伝わりにくくなってしまうので、「Touch」、「Turn」、「Talk」のT3ルーチンをやるようにしてください」のようなコメントになります。

単に悪いところの指摘だけでなく、具体的で「アクショナブル」なアドバイスまで落とし込んだところが私たちのアドバイスの特徴です。

撮影したビデオの提出はどうやるの?
一番簡単なのは、ビデオをYoutube(ユーチューブ)にアップして、そのURLを教えていただくことです。アップの際に「限定公開」にしておけば、そのURLを知らない人から見られることはありません。もしくは、撮影媒体のSDカードやCDをご郵送いただくか、撮影したファイルを「ギガファイル便」のようなファイル転送サービスでお送り下さい。
※DVテープ(昔のビデオのカセットテープ)でのご提出は、受け付けておりません。

急なプレゼンなんだけど、何日ぐらいでアドバイスはもらえるの?
最短で1営業日、長くても3営業日でアドバイスをお返しします。お急ぎの方は、コメント欄に「大至急」とお書き添え下さい。できる範囲で対応させていただきます。

アドバイスをくれた講師と電話で話すことはできますか?
このサービスでは文書によるフィードバックを行います。講師と直接話したい場合は、個別カウンセリング、もしくはプレゼンビデオセッションをご利用下さい。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP