Zoomの連携サービスを紹介します。第45回はZoomとaitemasu (アイテマス)との連携です。なお、そもそも「Zoomの連携サービスって何?」という方は、第1回をご覧下さい

日本人発のZoom連携アプリ

これまで紹介してきた様々なZoom連携サービスは、当たり前ですがアメリカ発のものが多くなっています。もちろん中には、「第15回 Zoomと語学学校プラットフォームLangLionを連携」のようにポーランド発のものもありますが、多くはアメリカ発。Zoom自体がアメリカ発ですし、ITエンジニアも米国が一番多そうなので、当然と言えば当然です。

そこに、日本人初のアプリを発見!ということで、ちょっとうれしい紹介です。開発したのはSHINJI YAMAGUCHIさん。ツイッターのプロフィールによると、

ノーコードでいろんなwebサービスをつくる方法を発信していきます!

とのことで、エンジニアでありながら、ノーコード(プログラミングを書く必要がない)ウェブサービスをつくる方法を紹介しているとのこと。

日程調整が簡単になるaitemasu

では、今回紹介するサービスaitemasuを詳しく見ていきましょう。もともとは日本語のサービスで、要するに日程調整が簡単にできる、というもの。たしかに、打合せ時間の設定は結構煩雑で、「この日はいかがでしょうか?」、「いや、時間が合わなくて」、「では、別の候補日をいただけますか?」のようなメールのやりとりを何回もする場合があります。これが一発でできるとしたら便利ですね。

さらに便利なのが、このaitemasuを使うのにいちいちアカウントをつくる必要がないこと。ほら、ウェブサービスって、サインインして、メール登録して、メールで本人確認して…という作業が必要な場合が多いじゃないですか。そもそもがaitemasuを使いたいのは時間を節約したいからで、使えるようになるために時間がかかっては本末転倒。その意味では、きわめてユーザーに優しいといえるでしょう。

自動でZoomミーティングを設定

では、Zoomとaitemasuの連携を見てみましょう。

After an appointment is confirmed, aitemasu sends a confirmation email and automatically add Zoom conference room link to your and client’s calendar events.

アポイントが設定されると、aitemasuは確認のeメールを送り、自動的にZoomミーティングのリンクをカレンダーに追加します。

たしかに、昨今は対面でのミーティングよりもZoomミーティングの方が多いくらいです。であれば、この自動的にZoomミーティングへのリンクを作ってくれる機能は、それこそユーザーに優しいと言えるでしょう。

ScreenClip

前ページ
第44回 ZoomとFlixier連携で簡単動画編集を読む
次ページ
第46回 ZoomとMemory連携で時間の「見える化」を読む
 
  Zoomセミナーのページに戻る