セミナー集客において、外せないのがFacebookを使った宣伝や集客。
無料で利用できる上、拡散率が高く、多くの人にセミナーを知ってもらうチャンスになります。

様々なSNSがある中で、特にFacebookでは、信頼性があるつながりの中で、「いいね」や「シェア」により確実に拡散していけるので、セミナー集客に最適なWEBツールなのです。

ここでは、セミナー集客に役立つFacebookの個人アカウントをうまく活用する方法をご紹介します。

セミナー集客の公開範囲は「全体」か「友達の友達」公開

Facebookの個人アカウントをセミナー集客に活用する上で、一番大事なのが投稿の公開範囲です。
Facebookをセミナー集客に活用したいのであれば、公開範囲は「全体」か「友達の友達」にするべきです。

「友達」や「限定公開」にしてしまうと、せっかく「いいね」が入っても、「友達」や「限定公開」の範囲内の人にしか拡散できず、非常にもったいない結果になってしまいます。

例えば、誰かがあなたの投稿に「いいね」をしてくれると、「いいね」した人のタイムラインに「いいねした投稿」として告知されます。
しかし、あなたの投稿の公開範囲が「友達」や「限定公開」になっていると、あなたと「いいね」した人に共通する「友達」や「限定公開」範囲の人にしか「いいねした投稿」が告知されなくなってしまうのです。

それは、大半の場合、少数派の人に向けての拡散になるので、集客という観点では、ほぼ意味がありません。

しかし、「全体」か「友達の友達」にしておくと、「いいね」が入るたびに、それぞれの人のタイムラインに流れて、大きく拡散ができるのでおすすめです。

セミナー集客を宣伝する話はNG!

Facebookの個人アカウントの投稿では、セミナー告知などの宣伝投稿ばかりではなく、セミナーに関連した日常の一コマなどを投稿すると効果的です。

例えば、セミナーの準備風景や開催場所の情報、時々、自分の日常生活の一コマなどを投稿すると、「どんなセミナーをやっているんだろう?どんな人なのだろう?」と興味を持たれるようになります。

そこから、セミナー集客につなげていくことができるので、まず、興味を持ってもらえるように、宣伝はあえて控えてセミナーに関連した日常の一コマなどを投稿すると効果的です。

セミナー集客の投稿は22時!

日常の投稿をたくさんすれば、セミナー集客できるというわけではありません。
Facebookでは、たくさん投稿をすると、友達から嫌がられてしまう恐れがあるのと、Facebookのシステム上、たくさん投稿をしたうちのいくつかの投稿しか友達のタイムラインに流れないケースもあるので、1日に3投稿までがベストです。

効果的な投稿のタイミングは、平日の22時頃です。

土日に人が集まりそうなFacebookですが、アクティブな投稿が多いだけに、土日は外で過ごしている友達が多いはずです。

平日の22時頃なら、仕事から帰宅して「少しFacebookをチェックしようかな〜。」とFacebookを開く人が多いので「いいね」率が高くなります。

このように、Facebookの個人アカウントをうまく活用するコツをつかめば、セミナー集客に十分につなげていけます。
個人アカウントを放置してしまっている人は、今日から集客に効果的な投稿をはじめてみましょう?