プレゼンテーションにテレビの手法を採り入れられないか…そんな問題意識を持った時にチェックしたいのがこちらの本です。

加藤 昌男著、3分勝負のプレゼンテーション

著者の加藤先生は、NHKの「エグゼクティブ・アナウンサー」。アナウンサーとして培ったスキルをプレゼンテーション研修として伝えているとのふれこみです。

内容面では、プレゼンの決め手は

「ことば」x「映像」x「全身表現」

というフレームワークであると提唱しています。3つの要素がかけ算になっているところがミソで、

「どれかがマイナスだと、全体がマイナスに」

とのこと。

プレゼンテーションの上達法に関しては、

「30秒で引きつけ、3分で伝えきる。メッセージはひと言に凝縮して」

と、やはりアナウンサーを彷彿とさせるような方法論。もうちょっとブレークダウンしていうと、

テーマ(何についての話?)、メッセージ(結論、趣旨をひと言で)を30秒で
要旨(必要な要素を整理してかいつまんで説明)を2分15秒で
まとめ(メッセージをくり返す)を15秒で

との構成を提唱しています。

本の最後のパートは実践編として、「札幌の水道」を題材としたプレゼンテーションをつくるという構成になっています。ただ、ここで残念なのは、せっかくの「3分間プレゼン」が立ち消えになってしまっていること。いつの間にか「スライド7枚を使った5分間プレゼンテーション」を作成するという仕立てになっているので。

しかも、ここに来て突然「Makingの手順」というのが出てきて、それが、

  1. 目的・テーマを明確に
  2. 材料を集めて、絞り込む
  3. 構成を立てる
  4. 映像を活用する
  5. 時間配分を考える

というもの。この手順自体は分かりやすいのですが、これを最後の方で持ってこられても…と若干不満が残ってしまいました。

前ページ
梅澤 実著、その気にさせるプレゼンテーション (話す力・聞く力がつく発表レッスン)を読む
次ページ
ヤマダアツヒコ著、海外プレゼンテーション入門 海外で伝わるプレゼンテーションの手法とスライドのつくり方 単行本を読む
 
  プレゼンテーションセミナーのページに戻る  

tv show photo