故スティーブ・ジョブズ氏のプレゼンテーションに関しては様々な情報がありますが、その中でも本書は松本先生独自の視点で「定式化」しているところが類書との違いかと思います。

SSN方式とか、3Sなどがそれですが、初心者にはこのようにまとめてもらった方が頭の中に残りやすいので、ありがたいです。

松本 幸夫著、図解 スティーブ・ジョブスのプレゼン術

【コンテンツ面でのポイント】

●SSN方式
Speech
Slide
No Slide

●不意をついて記憶に残す
One mroe thing

●3Sでメリハリを付ける
Stop
Smile
Speak

●最低3回はくり返す
筆者の考え「1回言うと聴衆の3分の1、もう1回で3分の2、3回くり返してようやく全員に伝わる」

数字
単語
短いフレーズ

●短い文でメリハリを付ける

●多人数ほど間を長くとる

●15分一コマで考える

●とっておきは隠しておく

前ページ
フィリップ カーン=パニ著、ビジネスプレゼンテーション―記憶に残るメッセージを届ける方法 (FT Guidesフィナンシャルタイムズガイド)を読む
次ページ
小林弘茂著、5感を揺さぶり相手を口説くプレゼンテーションを読む
 
  プレゼンセミナーのページに戻る