プレゼンは、「最初の60秒間」がキモであるってご存じでしょうか?

なぜならば、聞き手が「このプレゼンを本腰入れて聞くか、聞かないか」を決めるのがその60秒間だから。

ところが、この重要な60秒間を無駄に使ってしまうプレゼンターもいて、とくに最悪なのが「自己紹介」。

だって、考えてもみてください。聞き手が興味を持っているのは話の「中身」であって、話し手が「誰か」ではないですよね。それなのに、

「本日プレゼンを務めさせていただきますのは、株式会社○○、△△事業部の□□です。私は入社以来この仕事に携わって…」

なんて始められたら、「早く本題に入れよ」って思ってしまいます。

では、その60秒を何に使うの?という疑問への答が、「聞き手の意識をコントロールする」と言うことです。具体的には「アイコントロール」というテクニックになりますが、聞き手の興味を惹きつけて、「これから話す事だけを考えてもらう」ためにこの時間帯を使うのです。

ちなみに、アイコントロールを含めた聞き手の意識のコントロールを詳しく知りたい方は、プレゼン入門セミナーをチェックしてみてください。

なお、このような考え方は世界共通で、NST (National Seminars Training、全米セミナー・トレーニング)のEssential Presentation Skills for Executives, Managers, and Team Leaders講座においても、紹介されています。

プレゼンを始めとしたトレーニングの「総本山」NST

NSTはGraceland College Center for Professional Development and Lifelong Learning, Inc.の子会社であり、社会人向けにcontinuing education (継続教育、もしくは生涯教育)を提供している団体です。母体となったGraceland University(グレースランド大学)は1895に設立された名門校。キリスト教系リベラルアーツの大学なので、女子が多いのもうなづけます。今回メインで紹介するNSTは、その子会社の子会社、みたいな位置づけですが、カンサスシティーに位置しているとのこと。

その提供している講座を見ると、全米に数多くの内容を展開しています。また、Webinar(ウェビナー)と呼ばれるウェブセミナーや通信教材も抱負で、「トレーニングの総本山」とでも言うべき様相を呈しています。

管理職向けのプレゼンセミナー

その中からプレゼンテーションにしぼって紹介しますが、上記でも提示したEssential Presentation Skills for Executives, Managers, and Team Leadersは、その名の通りエグゼクティブやマネージャー、はたまたチームリーダーなどの管理職にしぼったプレゼントレーニングを2日間にわたって提供するというもの。

セミナー内容は、

  • Assess, Establish, and Achieve Your Goals
  • Prepare Powerful and Persuasive Presentations
  • Add Power & Impact With Outstanding Visuals
  • Present Your Ideas With Poise and Confidence

という順序で進んでいきます。管理職向けなだけに、「Power」(パワフルに)とか「Pois」(威厳を持って)などでてくるのが他のプレゼンテーションと違うところでしょうか。

管理職はプレゼンにどのくらい時間をかけるべきか

そして、さらに実用的だと思ったのが、上記”Assess, Establish, and Achieve Your Goals”の中に含まれる”How to accurately estimate how much to develop so you don’t prepare too much … or too little”という項目。意訳すると、「プレゼン準備にどのくらい時間をかけるか正確に見積もる-準備過剰にも、準備不足にもならないために」。

TEDやスティーブ・ジョブズのようなスーパーなプレゼンテーションには、当然時間がかかります。それこそ、スティーブ・ジョブズ氏なんかはプレゼンの数週間前に準備を始め、リハーサルにまるまる2日費やすとか。

でも、他の仕事で忙しい管理職は、これって難しいですよね。だとしたら、「妥当な準備時間はどのくらいなのか」を知るのは、極めて実用的です。

なお、この講座には値段が書いていなかったのですが、NSTの他の2日間講座を見ると、299ドルなので日本円で3万円ぐらい。安いと言えば安いのですが、クオリティがちょっと心配になるお値段ではあります。